fbpx
メディアグランプリ

「あなたらしく」の呪縛から解放された話


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:三木 幸枝(ライティング・ゼミ通信限定コース)

 
 

「あなたらしく、頑張りなさい」
これは、ここぞと言うとときに母が私に言う言葉。物心ついたときからずっと。
入学式や運動会、入試、壇上で発表するときなど、この言葉でいつも私を送り出してくれた。
 

今思うと、母は一見響きのよいこの言葉を、なんとなく使っていたのだろう。
言葉はさておき、送り出す母の表情や態度から伝わるものは、あたたかく愛情にあふれるものだったので、私はその日のいろいろを頑張れたものだった。
 

しかし、「あなたらしく」という言葉は、のどにかかった魚の小骨のように、ふとした瞬間に思い出されて、私の心をちくりとさした。

 

私は、「あなたらしく」という言葉の実態をずっと掴めずにいた。

 

「私らしく」ってなんだろう。

 

小学生の頃の私は、確固たる「自分」というものが誰しもにもあり、それはどんな困難にも揺らがないものである、と思っていいた。
しかし、当時の自分は、何かあればすぐに心が揺らぐし、良いと思うことや夢もころころ変わる。
「あなたらしく」と言われても、「自分」がなんだかわからないので、雲をつかむような話だ。そして「自分」のことがわからない自分をとても恥じていた。
 

勉強が飛び抜けてできる子、スポーツが得意な子、また、話が面白くいつも周りに人が集まっているような子……私の周りの子たちは、それぞれ「自分」を持っているように思えた。
自分でも「自分らしさ」がわかっているのだろうな、それに引き替え私は……と所在なく暗い気持ちで毎日を過ごしていた。
 

中学生から高校生のころは、「自分らしさ」とは、自分の好きなことを突き詰めて、自信をもっている状態なのかなと漠然と思いはじめた。

 

「自分らしさ」を確立するためには、人と同じことをしていてはいけない、また、ほかの人が追従できないくらいの特技がなければ……と様々なことに挑戦してみた。
しかし、変わり者だなと思われこそすれ、頭ひとつ抜き出るような特技も身につけられず。「自分らしさ」を探す旅はますます混迷を極めた。
 

もがく日々が続いていたが、あるとき、母の「あなたらしく」という言葉の正体が分かる出来事があった。

 

大学生のときのこと。青年海外協力隊に興味をもった私は、詳しい資料を請求した。ところが、何ヶ月たっても届かない。父に聞いたところ、資料は届いてはいるが、母が隠していると。探し出し、自分の手元においていたところ、再び無くなった。
またか!と思い、母に尋ねると、顔色一つ変えず「燃やしたよ」と一言。
 

ええええええ! ひどい!

 

抗議すると、「あなたらしくしてほしい」と、涙ながらに叱られた。
母のなかでは、私が青年海外協力隊に参加するのは「らしくない」らしい。
 

また、社会人になり初めて就職した会社で残業が続いたときには、そんな残業ばかりの会社を選んだのは「あなたらしくない」と責められた。

 

娘の安全や健康を願う気持ちもあったのだろうが、母自身の思う型からはみ出ようとしたものなら、ものすごい勢いで止められ反対された。

 

私は分かった。
母の「あなたらしく」は、あくまでも、母自身の規範のなかで良い子でいる私が前提であるということが。
母の思い描く理想の娘のようにふるまうことが「あなたらしく」だったのだ。
 

自分の好きなことや関心のあることを突き詰め、人とは違うことを極めると、「自分らしさ」が手に入ると思っていた私とは、完全にずれていた。
そりゃ噛み合わないはずである。
 

母の「あなたらしく」の正体が分かったものの、だからといって確固とした「自分」が見つけられたわけではない。「自分らしさ」に悩む日々がまた続いた。

 

その後、しばらくして転職し、結婚もして母となった。
毎日がめまぐるしく「自分らしさ」について悩むことすら失念していたが、ある日、突然、(本当に突然)気づいたことがある。
 

「自分」というものは一つではなく、役割によって、さまざまな「自分」がいるということだ。そして、それぞれの役割に応じた「自分」をその場その場で生きている。

 

職場での上司としての自分、部下としての自分、PTA役員としての自分、同級生のなかの自分、妻としての自分、母としての自分、趣味の仲間といる自分、SNS上の自分、姉妹としての、娘としての……、それ意外に数え切れない様々な面を持って生活している。
そして、それのどれも全部自分自身だ。
 

たとえば、家族のなかではよくしゃべるけれど、PTAの会合のなかではおとなしい自分。同級生のなかでは聞き役に徹することが多いけれど、同僚の中では積極的にリーダーシップをとる自分。
そのギャップは当然で、自分が確立されていないということではなく、悩む必要もない。
 

ああ、はやく気づきたかった。

 

それからは、確固とした理想の自分を追い求めるのは、やめた。
自分とは、いろんな役割の複合体なのだ。
そして、それをもうすでに私は手に入れている。
 

先日の誕生日、職場の先輩に「あなたらしく頑張って」とメッセージをいただいた。
母の決めぜりふと同じであった。しかし、もう、それは私の心をちくりとは刺さなかった。
たくさんある自分のなかで、先輩との付き合いのなかの自分を認めてくれての言葉だと感じ、単純に、とても嬉しかった。
 

母の「あなたらしく」に悩んだ日々も、もう終わり。
年老いた母に心配をかけないように、母の求める理想の「自分」を演じる私も、数多ある自分のひとつ。
これからも、必要な自分、求められている自分を、その時々に応じ使い分けて生きていくのだろう。
 

みんなもおんなじじゃないかな。
一つの体で、いろんな役割・自分を精一杯生きている。
そう思ったら、周りのみんなや世界中の人々がとても愛おしく思えてきた。
 
 
 
 

***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」《4/22(水)までの早期特典あり!》

 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

天狼院書店「プレイアトレ土浦店」 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-04-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事