fbpx
メディアグランプリ

商いのススメ ~より充実した人生を送るために~



*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:高垣 諭(ライティング・ゼミ 3月開講通信限定コース)
 
 
「私、もうこの工場を閉めようと思うんですよ」
 
梅雨の匂いが少しずつ漂ってきている山の中のベンチで、缶コーヒーを飲みながら、彼はぽつりと言った。
 
ああ、ついに、この時が来てしまった。
たぶん、もう何を言っても、この人は考えを変えないだろう。
頑固で、口数は少ないけれど、物事の本質だけは、しっかり見抜く力を持っている。
 
そして、たぶんその決断は正しい。
 
今まで、どれだけのお金と労力をつぎ込んできたと思っているんですか。
ここで働く大勢の人たちの雇用のために、どれだけ身を粉にしてがんばってきたと思っているんですか。
 
でも、その言葉は、ぐっと飲み込まれたままで、口に出すことはできなかった。
 
何も言い返せない自分が腹立たしくもあり、そして情けなかった。
 
北東北にある、その地域での仕事に引き合わせてくれたのは、顧客で笑顔が人懐っこい同郷の知人だった。私の以前の経歴を知って、販売プロモーションが苦手なその工場を紹介してくれたのだ。
 
当時、独立したばかりで、なにかしらの成果を欲していた私は、すぐにその工場に向かい詳しい話を聞いた。
工場のオーナーは、口数は少なく、一見何を考えているか分からない風貌ではあるのだが、はるばる遠方から来た若造を温かく迎えてくれ、名物のうどんをご馳走してくれた。
 
もともと、勝手知った業界で、仕事にも精通していたため、事業協力の話はとんとん拍子ですすみ、プロジェクトは順調に進みだすことになる。
 
オーナーも、雇用を守れることを非常に喜んでくれた。
 
ただ、私は、あこがれの「社会企業家」になれることに酔っていた。
起業したからには、地域貢献や雇用促進といった社会の役にたてるような仕事をしたいと考えていたのだが、表面的な良いとこ取りばかりに気を取られ、ビジネスの根本的な問題を直視していなかった。
 
そして、そんなよこしまな考えを見抜かれていたかのように、事業は混迷を極めることになる。
ノウハウなど何もない所から新しいブランドを立ち上げるのは、当然ながら手間がかかった。初年度などは、一年間を通して販売する予定だった商品の原材料を、2ヶ月で使い切ってしまった。もちろん、残りの10ヶ月の売上はゼロ。
 
また、その後数年にわたって、その原材料である植物の生育状況が芳しくなく、一年を通して販売できたためしが無かった。そして、その売上ロスを補えるような有効な措置もとることができなかった。
 
当然、販売できなければ、売上はたたない。
仕方なく、自分の会社で借入をし、別事業を新たに始めるも、ここでも「社会企業家」欲を発揮してしまい、雇用の維持を優先するあまり、売上の回収が後手にまわる。
 
そう、ビジネスの根本的な問題とは、利益はあげ続けなければならないという事。
いくら売り上げがあっても、それ以上に経費がかかれば、利益はマイナスとなり、会社は存続できない。当たり前と言ってしまえば、それまでだけど、走っている本人はなかなかこれに気付けない。
 
オーナーから、工場の閉鎖を言い渡されたのは、事業を始めてから、9年目の初夏のことだった。もともと、過疎化が進む村で、中心になって工場を支える人材が不足していたこともあったのだが、何より経費がかかりすぎていた。
 
当然、商品の供給ができなくなるので、売上も激減。工場の雇用を守れないばかりか、自社の雇用も維持できなくなる。社会企業家が聞いてあきれる。
 
結局、「我」にこだわっていたのだと思う。
社会貢献とか、働く人たちの充実感といった自分の理想にばかり酔いしれ、肝心の相手である「顧客」に向き合っていなかった。だから、売上もたたないし、利益にもつながらない。
 
商売というのは、「我」を亡くすための修行だと思う。
 
自分のああなりたい、こうなりたいという「我」を消して、まず自分達を必要としてくれる顧客のことを考える。すると、多くの人に求められるようになり、また感謝されるようになる。顧客からだけでなく、様々な人から必要とされる存在になるのだ。
 
理想やモチベーションは確かに大切だが、必要なのは相手の事を考え続けること。そこに、商いと共通する人生を生きる上での重要なヒントが隠されているのではと思う。
 
ただ、商売は、「我」や欲を消しながら、利益を上げねばならないという、とても高度な修行ではあるのだけれど。
 
昔、鏡をきれいに磨くと、運がよくなるというおまじないを聞いたことがある。
曰く、鏡に自分がきれいに映るために、そこに映りこむ、汚れである「我」を消すのだそうだ。
すると、「かがみ」の「我(が)」が取れ、「神(かみ)」が現れる。自分の中の「神」に相対することで、身をきれいにし、より人生を充実して生きる事ができるのだそうだ。
 
ちょっとスピリチュアルな話になってしまったが、「我」を消すことで「神」があらわれるなんて、無宗教の私が、なんだか妙に腑に落ちてしまった。
 
今は、この高度な人生の修行に果敢に取り組んでいる真っ最中だ。まだまだ、「我」を消すまでにはいたっていないけれど、以前に比べて顧客の顔はだいぶ見えるようになってきたと思う。
 
そして分かったことがある。
お客様は「神」さまって、本当のことなんだという事が。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-05-29 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事