fbpx
メディアグランプリ

ビジネススキルは、料理で磨け!


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:宍倉ゆき(ライティング・ゼミ通信限定コース)
 
 
家族に、料理を任せていませんか?
それはすごくもったいない! 私は16年間、広告会社で営業の仕事をしてきました。その後、料理講師の仕事を始めて思ったんです。「ビジネススキルは、料理で磨くのが一番早い」と。
 
家族に毎日ごはんをつくる奥さんの頭の中を、ちょっと覗いてみましょう。
「今週はうちの人が定時で帰ってくる日が2日、後はたぶん夕食いらないよってメールがくるはず。上の子の塾は水曜日以外の4日、下の子は英会話と水泳が2日あるわ。全員揃ってごはんを食べられるのは1日だけ。後は子供達と早めに食べるか、帰宅後の軽食を一緒に食べようかしら」
どうでしょう? 家族全員のスケジュールを把握して、食べる時間やボリュームを瞬時に計算していますよね。
 
さらに続けてみましょう。
「ちょっと今年は、ボーナスが少ないのよね。食費から、毎週1,000円ずつ貯めて備えておきたいわ。冷凍庫と乾物の在庫を組み合わせて、節約かな。塾に行く前のおやつは手作りにして、夜の軽食は朝のパンの残りを活用しよう」
予算内に収めるのは当たり前、先行きを読んでいますね。
 
え、毎日のメニューはどう決めているのかって?
「うちの人は肉が好きだから、火曜日と水曜日は焼肉と豚の生姜焼き。他の日は、子どもの好きな手巻き寿司と暑くなってきたから、そうめんにしようかしら。余裕があれば、お刺身を買おう。あと1日は冷蔵庫のものでちゃちゃっと作るわ」
お見事です! ご家族の好みをちゃんとわかっていて、季節の食べ物まで選んでメニューを決めていますよね。
 
これを毎週、52週間(365日)繰り返しているってすごいことだと思いませんか?
スケジュール管理、予算管理、会社の先行き、食の好みのリサーチ、まさにビジネススキルそのものです。
 
それだけじゃありません。
「料理をする」という工程を見ていくと、他にもたくさんのスキルが必要になります。
 
「何をつくるか」には、観察力と想像力、決断力が必要です。
子どもの体調がよくない時には消化の良いものを、夫の元気がない時には好きな物を出す。
相手がどういう状態かを観察し、どうして欲しいかを想像することをセットで考えます。
そして決断力。さっと作るか手間をかけるものか、季節の物をだすか定番のものを出すかをかけられる時間と家族の好みから決めます。
 
そして「食材の購入」には、柔軟な発想と目利き力が必要です。
レシピに書いてある食材がなくて困った事はありませんか?
そういう時は、代替食材を思いつく柔軟な発想があれば解決します。鶏ひき肉が売り切れだったら、鶏肉を買ってミンチにすれば十分です。
野菜をひとつ選ぶにも、旬の野菜を知っているかどうか、その中でも美味しいものを選べるかどうかの目利き力があると違います。
 
ハイライトの「料理をする」では、段取り力が問われます。
30分の制限時間内に、夕食の鶏のから揚げとサラダ、お味噌汁を作るとしたらどんな手順で進めればいいかを考えてみましょう。
最初に鶏肉を切り、下味に漬け込む。次にサラダとみそ汁に必要な切りものを全部済ませ、サラダは冷やして、みそ汁は煮込む。最後に油を鍋に入れて火をつけ、温度が上がってくる間に鶏肉に粉をつけておき、揚げる。ざっとこんな手順になります。3品を1つずつ作っていたら間に合いません。同時並行で作る「段取り」が頭の中に、瞬時に描けることが必要になります。
 
仕事に置き換えると、「何をつくるか」はマーケティングとスケジュール管理・予算管理力が、「食材の購入」はアイデアと予算管理力、「料理をする」には瞬時の段取り力が磨かれます。
仕事は長く続けてこそ身に付く能力が多いですが、「料理をする」だけでこれだけのビジネススキルが身に付きます。
毎日2回つくると1年で730回、週に2回つくると104回の「ビジネススキルを磨く」チャンスがあります。
 
まずは、ご家族の好物を作ってみませんか? 
「美味しい!」「ありがとう」と言われると、すごく嬉しいしやる気がでます。仕事の目的はお客様に喜ばれること、が多いですよね。感謝されると、「もっとがんばっちゃおうかな?」とか「次はこれをやってみようかな」なんていうアイデアも出てきます。失敗しても大丈夫。温かい励ましの言葉がたくさんもらえます!
 
ビジネススキルを料理で磨き、家族にも喜ばれる。
まずは一歩、踏み出してみませんか?
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 https://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-07-10 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事