fbpx
メディアグランプリ

「愛がなんだ」と聞かないで。気まずいふたりの愛の行方。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:大野了(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
※この文章は、映画「愛がなんだ」を観た男女の末路を描いたフィクションです。
 
エンドロールが終わった。
 
なんなんだろうこの映画は……。
 
男はこの場から早く逃げ出したかった。
 
立ち上がろうとすると、そっと腕に手が添えられた。
 
ほっそりした女の手に意思が宿る。
 
「面白かったね」
 
「お、おぉ、面白かったね。俺、ちょっとトイレに行ってくるわ」
 
女の手に力が入った。
 
「私って彼女だよね」
 
「ん?」
 
女は男をじっと見つめている。
 
「私って彼女だよね」
 
「え? あ、そ、そうだよね」
 
「だって私と寝てるもんね」
 
「ね、寝て? なんか今日眠いよね。ちょっとトイレ先に……」
 
女の手が肘をロックしている。
 
「寝てるよね、私と」
 
「あ……はい」
 
「最低だよね、この男」
 
「え? 俺? あ、あ、この映画の男ね。いやぁ、そうだよね」
 
「思わせぶりにしてさ。勝手に呼びつけてさ。やるだけやってさ」
 
「ま、まあ、人の恋愛って色々あるよね。きっと深い事情が彼らにも」
 
「誰かさんとそっくりだよね」
 
「だ、誰かいたかなぁ。そ、そんな人いたかなぁ~」
 
「あのマモルって男、‘追いケチャップ’とかってやってたけど、あざといよね」
 
「みんな出ちゃってるから、出ようか」
 
「誰かさんに‘追いマヨネーズ’されたことあるけどね。気持ち悪いだけだよね」
 
「追いマヨ? そんなことあったかな~」
 
「テルコって女も、好きならしょうがないって、結局自分が可愛いんだよね」
 
「そ、そうかもしれないね。ある意味、似た2人なのかもしれないね」
 
「全然違うけどね。あの男が1番クズだけどね」
 
女は男の腕をぐいとつねる。
 
ひぃっ!
 
「もっと大切にしてくれる男と付き合えばいいのにね。自分に酔ってるだけだよ、あんなの」
 
「劇場の掃除も入ってるみたいだから。もう迷惑になるから……」
 
女は微動だにしない。
 
「でさ‘仲原っち’っていう、好きな女に振り回されてた男いたじゃん」
 
「は、はい」
 
「でも潔かったよね、彼。好きでいることを諦めるって決断したんだもんね。『諦めるタイミングくらい選ばせてくださいよ』って泣きながら言ってさ」
 
「ちょっと膀胱が破裂しそう。ヤバい……」
 
「そしたらテルコがさ、泣いてる彼に『うるせーよ、バーカ』って言って、最後まで‘マモルを好きでいる自分’を捨てられないって……見てられなかった」
 
「そ、そうかもしれないね」
 
「私、目が覚めた気がする」
 
「え? どういうこと?」
 
「あの~、お客さん、ちょっと」
 
見ると、困ったような顔で劇場員が立っている。
 
「すみません! もう出ますんで」
 
「いや違うんです、後ろの方」
 
振り向くと、中年の禿げた男がポテトをポリポリ食べている。
 
「すみません、持ち込み禁止なんで。あともう次の開場近いんで」
 
今までずっと聴いていたのかよ、こいつ。
 
「待ちなさい。今、大事なところなんだ」
 
「は?」
 
「この2人にとって、今、とても大事なところなんだ」
 
「今までずっと聴いてたんですか! 何、人の話勝手に聴いてるんですか!」
 
「いや、ただ、聴こえたんだ」
 
「な、なんだこいつ。もう行こう」
 
「いいんじゃない。別に聴いてもらったって」
 
「え?」
 
劇場員が再び声をかけようとすると、中年は手で制して呟いた。
 
「人を好きになるのは恥ずかしいことではないのです」
 
「は?」
 
「と、『ペンギン・ハイウェイ』ではアオヤマ君が言っている。小学4年生にして真理をついた言葉だ」
 
「おっさん、誰だよ!?」
 
「私は教授だ」
 
中年は女を見つめた。
 
「若い時は、なんでもすぐこの世の終わりみたいに思えちゃうもんなんだよ。この先これからも泣く事があるかもしれないけど必ず出会える。君だけを愛してくれるふさわしい男に。」
 
「そうなんですか?」
 
「と、『セブンティーン・アゲイン』でザック・エフロンが言っている」
 
「あのザックが……」
 
「そうだ、それとな。誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。」
 
「はい」
 
女の声が艶めく。心なしか瞳は輝いている。
 
「と、『イルマーレ』で確かキアヌ・リーブスが誰かに言われていた」
 
「なんだ全部、映画の受け売りじゃねえか! せめて言った誰かを特定しろよ!」
 
女の掴んでいた手が離れ、男の腕は黄土色になっている。
 
中年はいきなりバッと青年を指さして、
 
「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です!」
 
「『カリオストロの城』じゃねえか!」
 
気にも介さず女に向かって、
 
「よければ一緒に来ないか? 先のことは約束できないが、それなりに楽しいはずだ」
 
と女にすっと手を差し出した。
 
女はポテトで脂ぎった男の手に一瞬怯んだが、青年に軽蔑に満ちた眼差しで一瞥して、中年の手を取った。
 
「じゃあ、いこうか」
 
女はこくりと頷く。
 
「ちょ、ちょ、何この展開!?」
 
「ちなみにさっきの言葉は、『ギター弾きの恋』でショーン・ペンが言っている。ウディ・アレンの映画は恋愛のバイブルだよ、君」
 
「ウディ・アレン、不倫とセクハラで干されてるじゃねえか!」
 
「そして青年、彼女しかいないと思うだろうが、私は思わない。今は思い出がいっぱいでも振り返ってみればいい」
 
「それ『(500日)のサマー』!」
 
中年は女を見つめて、
 
「君はとてもすてきだ。とても特別な女性だよ」
 
「それ『プリティ・ウーマン』! おっさん、リチャードギア気取りやめろ!」
 
「劇場員の諸君、邪魔したね」
 
2人はすでに腕を組んでいる。
 
中年は女の耳元で囁く。
 
「昔、ある哲人が言った言葉がある。‘私以外、私じゃないの’あなたはこの世でたったひとりだけだよ」
 
「それ”ゲスの極み乙女!”の曲じゃねーか! 映画ですらないし、しかもベッキーと不倫中の歌!」
 
中年と女は劇場を出て行った。
 
男は茫然としている。
 
「あの、時間ないんでポテトのカス拾ってもらっていいすか」
 
「あ、すいません」
 
男はシートにこびりついたポテトをつまみ始めた。
 
気づくと涙が流れていた。
 
涙はいつまでも止まらなかった。
 
「俺たちもう終わっちゃったんですかね……」
 
「てか、始まってもなかったんじゃないすか」
 
「『キッズリターン』!!」
 
2人は思わずハモって照れ笑いして、目を逸らした。
 
「愛って何なんですかね……」
 
「わかんないす、もう出てってもらっていいすか?」
 
男は立ち上がることができなかった。
 
とうの昔に限界に来ていた。
 
「愛ってなんだよ……」
 
最後まで男にはわからなかった。
 
男は静かに目をつぶった。
 
失ったものはもう二度と戻らない。
 
ただ、なぜだろう。
 
腹の底からじわりと湧きあがる解放感。
 
男は柔らかな笑みを浮かべていた。
 
それはまるで羊水に包まれたような
 
湿った心地よさだけが男を包んでいた。
 
男はこの劇場を出禁になった。
 
 
 
 
***

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 


 
人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-12-05 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事