fbpx
イベント情報

【一週間に10本】卒業までに映画を100本見るという目標は達成できるのか《川代の映画レポ・まえがき》


theatre

こんにちは!天狼院書店映画ラボマネージャー川代です。

私は今大学四年生。残り二か月ちょっとで卒業。あんまり実感がわいてなかったけど、アレ?よくよく数えたらあと9週間しかないでじゃないの!!

ヤバイ、ざっと見積もってもあと65日しかない。

これはやばい、どうしよう?時間が無い。有効に使わなくちゃ!!

ということで、せっかく映画ラボマネージャーをやっていることだし、手っ取り早く映画をとにかくたくさん見よう!と思いました。今映画をたくさん見る習慣をつけておいたら、社会人になってもたくさん映画を見れる人になるかもしれないし。

というわけで、目標をたてるなら高く、というのがモットーの私、きりがいいところで100本を目指すことに。

50本じゃ中途半端だからということでこの目標にしたけど、うーん、大丈夫なの?一日一本以上ですよ?と冷静につっこむ天使ちゃんと、

いやいや、大丈夫、大丈夫!案外やることがたくさんあった方が、計画的にものごとをすすめられるだろ?と持ち上げてくる悪魔ちゃん。

そうだよね、目標は高くあるべきだよね!ということで悪魔ちゃんの言うことに従ったのだけれど、はたして達成できるのか?うーん、すでに一日一本見れてない日があるんですが。

思えば映画を見まくろうとしたことはこれまでに二回。

一回目は高校生のとき、某レンタルビデオ店で「映画通が選ぶ名作100円キャンペーン」なるものを夏休みにやっていて、その頃高2病を発病していた私は(ていうかなんなら今も治療中?)、自分は周りのみんなとは違う特別な存在なんだと誇示したくて仕方なく、何か精通できるジャンルが一つほしかったので、本とか映画とかに手を出しまくっているときだった。

夏休みには時間がたくさんあって、受験前の最後の夏休みということもあって、とにかくできることは今のうちにやっておこうと思ったときに映画を見ようと思いついたのは、今映画ラボを作りたいと三浦さんに主張し、マネージャーになったことを考えると、本当によかったなあと思う。

さてレンタルショップに向かったお金が無かった高校生の私は、その100円コーナーをじっくりと観察し、そしてどれもこれも面白そうで選べなかったので、とりあえずPOPが付けられているスタッフおすすめの品を選ぶことにした。そのとき選んだのは忘れもしない、「ショーシャンクの空に」「時計仕掛けのオレンジ」「バイオハザード」である。とにかくこれだけは見とけ!的なことが書いてあったような気がする。

ここで借りたこの三本が、私の映画人生を左右するきっかけとなろうとは、このとき思いもしなかった。

「ショーシャンクの空に」。そのタイトルを見た時は、ナニコレつまんなそう、と思いながらDVDレコーダーにセットしたのだけれど、終わる頃には一人で感動の涙を流していた。「ナニコレ、最高!」映画ってこんなに面白いのか、と感嘆のため息がもれた。本当に驚いた。こんなに面白い映画が、こんなに人を感動させられる映画がこの世に存在するのかということに、本当に驚いたのである。

次に「時計仕掛けのオレンジ」。ショーシャンクに感動し、どの映画サイトを見てもこれは名作、さすがスタンリーキューブリックと書いてあるこの作品を見て、ものすごく期待して画面を見つめていたのだが・・・、驚いた。さっきとは違う意味で、驚いた。
これって何?映画なの?というのが最初に出て来た疑問だった。こんな映画が存在していいのか、と思った。ストーリーについていくのに精いっぱいだったし、キャラクターにも感情移入できないし、随所に出てくる年齢指定つきの表現に、高校二年の私は衝撃を受けて、もうどうしていいかわからなかったのである。

気を持ちなおそうと思って手に取ったのは、しかし、「バイオハザード」であった。ホラー映画として有名なバイオハザード、まさかお口直しにはなるまい、と思って見たのだけれど、これがまあお口直しというか、ものすごくスカッとした。この映画を見て気が付いたのだ蹴れど、私は元来ゾンビやモンスターに追われる系の映画は平気らしかった。幽霊とかは結構怖いのだが、それ以外なら案外イケちゃう。なんならすすんで見るくらい好きなのだと、これを見て気が付いた。

そんなわけでこの三本によって私の映画人生は決められてしまった。

それからは借りた映画を返しに行くついでにまた100円コーナーに立ち寄り、5本くらい借りてかえり、そしてまた返しに行ったときに借りる・・・というレンタルショップ沼から抜けられなくなっていた。こうして高校二年の夏に50本くらい見た。

二回目に映画を見まくったのは留学した時だった。私が行っていた学校はとにかくアメリカの田舎町、まわりは森と住宅街という場所に住んでいたので、勉強以外にすることが本当になかった。課題をやっても時間が余るとは、これまでいかに自分が学業以外に時間を割いていたのか思い知らされた。

そんなときにふらりと立ち寄ったうらぶれたレンタルショップがあり、ここが一枚2枚で1ドルくらいの破格でレンタルできるところだったので、早速会員証を作って(これもものすごく適当、友達とシェアしていた)、一週間で10枚くらいレンタルした。ただ日本語の字幕が無いので、英語の勉強もかねて、英語の字幕をつけてなんとか意味がわかるレベルだったのだが、これがまた面白かった。休日に一人部屋でこもってずっと映画ばかり見ていると、友達に生存確認のメールをされたりもしたけれど、そんな時間がなければそれこそ閉鎖された環境で頭がおかしくなっていたかもしれない。精神を病みそうになったときも映画に救われた。そのときも100本を目標にしていたのだけれど、結局見れたのは80本だった。

こうしてみるとわかるのだが、100本というのは結構な量である。案外すぐ行けると思っても、ようやっと50本に到達したかというくらい。それくらい難しいのだ。しかも映画には当たりはずれというのがあるから、つまらないものを100本を見てしまったら大損である。

けれどそこは映画ラボマネージャー。映画ラボという強い味方がいる!
そこで、今回この挑戦をするにあたって、ルールを設ける。

1.必ず映画ラボで報告をする

毎回映画ラボではテーマに沿ったベスト3を発表するのが定番の流れであるが、私はその週に見た映画を発表しようと思う。毎回参加者のみなさまに教えていただいてばかりなので、こちらからも情報発信できるように努める。

2.映画ラボで知った映画から選ぶ

映画ラボでお客様から教えていただいた映画なら、まあ好みの差こそあれ、「大はずれ」ということはないだろう。直感的に自分が見たいと思ったものももちろん見るが、映画ラボでこれまで出て来たものから見ていく。

3.毎週レポートをアップする

映画ラボの議事録にもなるし、コンテンツにもなる。感想を記事にしていれば、自分が忘れることもないし、WEB天狼院のコンテンツにもなる!

そういうわけで、面白い映画レポートをしていくように心がけますので、どうぞよしなに。
おすすめの映画があればどしどし教えてくださいませ!!

今のところ、まだ三本!日曜日にレポします~。

今日の映画ラボはこちらから!飛び入り参加も歓迎です!↓

【お申込はFacebookページか問い合わせフォーム、もしくはお電話でもお受けします】

【1/23 映画ラボ】続きが気になる映画ベスト3を語ろう!ついでに勝手に映画の続きを考えちゃいましょう!!Facebookイベントページ

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事