fbpx
メディアグランプリ

Dr.K


11828690_1618175115108240_8701781893254252628_n
担当:山田将治(ライティング・ラボ)

 

 

ベイスボールで、三振を多く奪取するピッチャーを“Dr.K”と賞賛する。
Kは、スコアブックに書き込む際の三振を意味する記号だ。

話しは変わって、天狼院のこと。

天狼院では、Kが活躍している。
最初にブレイクしたインターンは、川代紗生さんだ。
ミスコン出場を狙う、長身女子大生インターンこじなつもKだ。
この度、二号店にあたる福岡天狼院の店長は、嘉村佳奈(Kが二つ)さん。
これは、偶然だけでは片付けられない。

このところ、メディアグランプリで、手が付けられない活躍をしているインターンが“こつこ”だ。
体育大学に通うこの女子大生は、天狼院で唯一の体育会系人間として、その独特の感覚や行動様式で、他を寄せ付けない輝きをしている。
しかも、店主の三浦氏の覚えも良く、氏の発言や記事にも度々登場する。
天狼院の常連が集まると、ついつい彼女の話題となる。必ずではないが殆どの話題は、彼女のドジ話では有るのだが……

天狼院で、男性のKといえば幸田君である。
三浦氏の記事にも登場した幸田君は、その風貌からして一度会ったら忘れられない男だ。
強面の割には、実に幼げな笑顔を見せる。その巨体からは想像出来ない、甲高い声を発する。
それも、意外なところだ。
忙しい仕事の合間を縫って、絶えず天狼院の顔を出している。
恐ろしい読書量に裏打ちされた、底知れない知識を有している。私よりはかなり年少だが、しばしば征服してしまう。特に時代小説や歴史、マンガやアイドル(?)に関する知識は、まさに博職の域である。

幸田君は、その博識を活かし毎週のように天狼院の花形部活、ファナティック読書会で活躍している。
天狼院は一応、書店である。通常の書店では考えられない部活が多い天狼院の中で、読書会は書店としての最も重要な集いだ。日曜日の早朝に開催される読書会(寝坊な私は、一度しか出席出来ていない)に、幸田君は殆ど毎回出席している。

もう一つ、幸田君は実に冷静な男だ。
気短で他人とぶつかる事をいとわない私に比べて、対極のような対応をする。何度も、幸田君のおかげで問題を起こさずに済んだ。

幸田君はまた、持参したカメラで実に個性的で味わいのある写真を撮る。
先日の天狼院旅部では、幾枚もの写真を撮ってきて、私に見せてくれた。
意外なほど可憐な表情の、こつこの写真も有った。

もしかしたら、この二人は似ているのかもしれない。
何気なく、私はそう思った。

そうだ!
二人とも、三浦氏のオモチャ的な存在なんだ。

これからは、店主の三浦氏を“Dr.K”と呼んでみようかとも思った。

 

 

***
この記事は、ライティングラボにご参加いただいたお客様に書いていただいております。
ライティング・ラボのメンバーになり直近のイベントに参加していただくか、年間パスポートをお持ちであれば、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


関連記事