メディアグランプリ

春になるといつも思い出す、君のこと


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

 

記事:渡辺 剛(ライティング・ゼミ)

 

 

君と初めて会ったのは、忘れもしない、19歳の時。

もう15年以上も前のことになるね。

その年の春のことだった。

 

突然、僕の目の前に現れた。

君の第一印象は…… 正直言うと、なんだこいつ? って思った。

それくらい君は、慣れ慣れしかったんだ。

 

それから、君はいつも一緒だった。

はじめは、君がいつも僕について来るから、いつもまとわりつくから、僕は正直困ってたんだ。でもだんだん、慣れてきたというか、それが当たり前になってきて。

君と出会ったことで、たくさんの経験もした。

たくさん笑って、そしてたくさん涙を流した。ふたりで映画を見ながら、ぐずぐずに鼻水垂らしながら、目を真っ赤にして泣いたこともあったっけ。

 

 

でも、桜の花が散る頃だったかな。だんだん、会う頻度が少なくなってきて、そしてある日を境に、僕の前から姿を消した。

 

不思議だよね。

あんなに、うっとうしかったのに。

姿を見なくなっていくと、僕は、だんだん気になっていたんだ。

あれ、今日はいないなって。いつも会う場所に、来ないなって。

でも、不思議なんだけど、特に連絡先を交換したわけでもなければ、まして付き合ってるわけでもなかったし。

 

また会えるだろう。

それくらいに思っていた。

けれど、春が終わり、夏が来ても、君に会うことはなかった。

そしていつしか、忘れてしまっていたんだ。君のこと。

過ぎてゆく時間とともに。

 

 

 

秋が来て、冬がきて、そして年が明けた。

3月、冬の寒さもやわらいできて、次第に暖かくなってきた頃。

よく晴れた、あたたかい日だった。

 

「あっ」

驚いて、声をあげた僕に、君はそっと話しかけた。

 

「ひさしぶり」

「う、うん」

「あたしのこと、忘れてたでしょ?」

「正直、言うとね」

「ひどい! でも…… また会えたね」

「うん」

 

それからまた、しばらく僕は、君との時間を過ごした。

1年ぶりに会ったのに、いつも会っていたのがまるで昨日の出来事のように、ふたりの間の距離はそう遠くは感じなかった。

君が元気になる場所、そうではない場所、君の好きなもの、嫌いなもの。

すべて、昨日のことのように思い出したんだ。

 

そして、それから、ふたりでたくさん笑い、たくさん涙を流した。

また、いつも一緒にいた。

忘れていた時間を取り戻すように。

 

4月も半ばになった頃。

陽も沈んで、暗くなった近所の公園でベンチに座り、ふたりで桜を見ながら話した。

桜の花は満開という時期が過ぎ、そよそよと吹く風に、花びらがはらはらと舞い散っていく。

 

「きれいね」

「そうだね」

「1年前もここで桜を見たよね。覚えてる?」

「うん。覚えてる」

「ほんとに?」

君は疑いの眼差しで僕を睨む。

「ほんとだよ!」

「ほんとかな? 怪しいなあ」

「い、いやマジだから! 覚えてるし!」

本当に覚えてるというのに、必死に弁解しているような感じになってしまったので、それ以上言うのはやめた。

 

「桜ってさ」

さっきとは明らかに違う話し方で、君が話し始めた。

「う、うん?」

「あんなに綺麗に咲くのに、あっという間に散っちゃうじゃん」

「そうだね、それが桜ってもんだから」

「桜が綺麗に咲くとさ、みんな見に来てくれるじゃん。写真撮ったり、桜の木の下でお花見したりさ。でも、花が散ると、だーれも見向きもしないじゃん」

「そうだね」

「桜の木であることには、変わりはないのにね。寂しくないのかな」

「寂しく…… うーん……」

返答に困ってしまった。

 

君は続ける。

「桜だけじゃないけど、木とか植物とか、綺麗な花や実をつける植物って、1年中生きてるのに、あまり注目されないじゃん。だからさ、忘れちゃうよね、そこに生えてる、そこに生きてるってこと」

「うん、まあ、そうだね」

「だから、1年に1回くらい、存在感をアピールしてるのかなって、思うんだよね。わたしここに居るんだよって。ちゃんと生きてるよって。だから忘れないでねって」

「なるほどねえ……」

 

君は、ちょっと興奮してきたのか、さらに鼻の穴を大きくして、続けた。

「それでさ、1年に1回のアピールって、存在感そのものをアピールだけが、その木とか植物の目的じゃないのかなってのも、思うんだよね」

「どういうこと?」

「いや、虫とか鳥とかが、花や実を見つけやすいように、ってのもあるよ。でも、それは置いといて」

「うん」

「例えばさ、桜の花を見ると、思い出すこととか、思い出す人とかいるじゃん」

「ああ、あるね」

「真っ赤なモミジを見ると、思い出すこととか」

「あるある」

「コスモスの花を見ると思い出す人とか」

「いるね!」

「真夏のヒマワリの思い出とかさ」

「あるね! それある!」

僕もだんだんノッてきた。

 

「それが、花や木、植物のもうひとつの目的なのかなって。忘れていた人、忘れていた思い出、それをたまには、思い出してねって。そんな人の思いが、花に託されていて、人は花を見ると、1年に1回、忘れていた思い出を、思い出すの」

「なるほどね……」

 

 

しばらく、沈黙が流れた。君は物思いにふけるような表情で、桜の花を見上げていた。

 

その時、少し強い風がふいた。

桜の花びらが、ふわっと舞った。

その時、君の表情がきらっと明るくなって言った。

「桜吹雪だ……」

 

明るくなったと思ったら、またすぐに真面目な顔になり、僕を見て言う。

「ねえ」

「ん?」

「桜が散っても、私のこと、忘れないでね」

「何を急に」

「だから、忘れないで」

「だから、なんだよ急に!」

「もう、会えなくなるんだよ……」

「え……?」

「だから、忘れないで……」

 

そこまで話した時、さっきより強い風が吹いた。

手を広げていると掴めるんじゃないかというくらいの、桜吹雪だった。

一瞬、あたりが見えなくなった。

 

そして、君を見た。

いや、君を見れなかった。

もう、君の姿はなかったから。

 

 

 

あれから15年以上が過ぎた。

 

今年も冬が終わり、だんだん暖かい季節になってきた。

そして今年もまた、君と再開できた。

 

鬱陶しいけど、いまや、愛おしさもある。

なぜなら、君と会うと、春の訪れを感じるから。

 

いつか、もしかして、春が来ても、君と会えなくなる日も来るのかもしれない。

でもきっと、君のことは、桜の花を見るたびに思い出すよ。

 

君が教えてくれたように。

 

今年も、桜の花が散る頃までの、もう少しの間、お付き合いしましょうか。

君の名は、そう。

花粉症。

 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-03-31 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事