ふるさとグランプリ

母を赤ちゃん抱っこ《ふるさとグランプリ》


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

記事:なかおかともみ(ライティング・ゼミ平日コース)

 

 

「わたし、赤ちゃん抱っこしてもらったの」

妹が言う。

 

「誰に?」

 

「お母さんに」

 

「えっ、お母さんに赤ちゃん抱っこしてもらっているの?」

 

 

3歳の娘を育てる妹の様子が、最近、変わった。

時々見えていた、ぴりぴりとしたところがなくなり、いつもゆったりとしている。

何かあったの、と尋ねると、にやり、と笑って教えてくれた。

 

 

通っている子育て講座で、講師がある日、こんな提案をした。

 

「みんな、お母さんに赤ちゃん抱っこをしてもらって!」

 

子どものころに満たされなかった思い、母から与えられなかったと感じている愛情。

誰にでもある、その満ち足りない思いを、母になった今、自分の母に抱いてもらうことで満たしていく。

そうしたら、子供にも無理なく愛情が注げるようになる。

だからぜひ、試してみて、という話だった。

 

「そんなの、ムリ」

 

「恥ずかしくて、言えないよ・・・」

 

ほかのメンバーのざわめきを聞きながら、妹は、よし、と心を決めた。

 

そうと決めたら、彼女は早い。

その足で実家に寄った彼女は、母に言った。

 

「お母さん、赤ちゃん抱っこして」

 

ちょっと驚いた顔をした母は、でもすぐに、うん、いいよと、正座した。

膝の上に座る、妹。

妹を、抱きかかえる母。

 

「それでね」

 

と、妹は言った。

 

「すごく気持ちが安定したんだ。姉も、次に帰省したら、やってもらったらいいよ」

 

「ん……そうだね。考えておくわ」

 

 

そのときわたしは、帰省先の北海道に向かう、車中の人だった。

そんな会話を思い出すうちに、ふっと、気が付いたことがあった。

 

「たくさんの愛情を、わたしは受け取っていなかったんだ」

 

家族や友人、恋人や夫。

たくさんの人がわたしを大切に思い、愛してくれていた。

 

でもわたしは、愛情が注がれるグラスが、まだ満杯にならない、まだ足りないと、満ちていないところを眺めてばかり。注がれていた愛には目もくれず、いつも不足感を募らせていた。

 

細めたまなざし、会話の断片、優しい手の感触。

そんないくつもの、あたたかい思い出がわきあがる。

受け取らずにいた愛情は、止まっていたダウンロードを再開したように、わたしの中に一気になだれ込んできた。

そのたっぷりとした愛情は、わたしのグラスを溢れさせた。

 

マスカラが落ちるなと、心の片隅で思った。

でも、嗚咽とあふれる涙は、止められなかった。

 

 

「……という、面白い体験をしたんだよ」

 

帰省先の実家で、姪を抱っこする妹に、移動中の体験を伝えてみた。

 

「誰もが愛されたいんだ、って思ったな。ひとを愛するためには、自分がまず愛されていることを感じて、満ち足りるのは大事なんだって、実感したよ」

 

「なるほどねえ」

妹は頷きながら、言葉を継ぐ。

 

「それはそれとしてさ、姉も赤ちゃん抱っこ、してもらったらいいんじゃないの?」

 

ストレートな妹の言葉に、考え込んだ。

赤ちゃん抱っこをしてもらいたい? と、自分の心に聞いてみる。でも、必要な気がしない。だってわたしのグラスは、もう、満たされたから。

「それよりも……」

口からもれたのは、こんな言葉。

 

「むしろわたしが、お母さんを抱っこしてあげたいな」

 

「お母さーん」

即座に妹は、叫んだ。

 

「おねーちゃんが、お母さんを赤ちゃん抱っこしてくれるって」

 

 

台所からきた母は、少しおずおずとした顔だった。

 

はい、と笑って、正座するわたし。

 

「改めて言われると、なんだかすんなりとできないね」

と、照れ笑いをする母。

 

いいからやんなよ、と、妹にせかされ、膝の上に母が乗る。

 

母は軽かった。

こんなに小さかったんだ。

わきと膝に手をまわす。身体をしっかりと抱きかかえた。

ぎゅっと、母がしがみついた。胸元に顔をうずめた。

わたしは、小さい子供にするように、ゆっくりと母の背中をなでた。

姪が笑いながら、嬉しそうに叫ぶ。

「ばーちゃん、あかちゃんだっこだー」

 

 

ややしばらくの時間が過ぎて、母が顔をあげた。

膝から降りて、正座した。

目には涙。

 

「あったかいね」

涙がぽろりと頬にこぼれる。

 

「お母さんが小さいころ、ばあちゃんは農家で忙しかった。愛情がなかったわけじゃないと思う。でも、構う余裕がなかったんだ。おじちゃんは七歳下で、そのころには、忙しさも落ち着いていたから、よく抱っこしてもらっていた。でも、わたしはね……。

いま、抱っこされて、お尻から、あったかいものが伝わってきたの……」

 

それだけ一気に言うと、母は絶句した。

そして静かに、泣き始めた。

 

 

成田から、都内に向かう電車の中。

季節が戻ったような北海道から帰ってくると、関東はすっかり春めいていた。

窓から車中に差し込む日差しが、あたたかい。

 

いつも心配する母に、無事に着いたとメールした。

 

返事は、一言。

 

「満たされたよ。ありがとう」

 

陽の光に照らされながら、ひとり、笑みがこぼれた。

 

先週は泣きながら乗っていた、この電車。

帰りには、愛することを知りそめたわたしをのせて、のびやかに走っていった。

 

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



関連記事