メディアグランプリ

めんどくさい病を治すには、音楽ゲームが一役買いそうだ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
記事:山田あゆみ(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
軽やかな音楽に合わせて、指を動かす。
スマホの画面には、音楽に合わせて次々と記号が現れる。
リズムに合わせて、ちょうどのタイミングで画面をタップ出来たら、S-Perfectの文字が画面に表示される。
ほぼ同じタイミングだとPerfect, ちょっとずれたけれどオッケーだったらGreat, とにかくタップ出来たらGood, 間に合わなかったらMissになる。
 
これは、私が最近はまっている音楽ゲームだ。
 
元々、好きな音楽レーベルが作ったゲームということで、何気なく始めた。
それが今では、生活の一部となってしまっている。
最近のマイブームである。
 
ルールは本当にシンプルで、音楽に合わせてタイミングよく画面に現れる記号を叩くというそれだけのことだ。
しかし、意外にぴったりS-Perfectの瞬間に画面をタップし続けることは難しく、中々出来ない。
 
ところで、最近の私の口癖は、めんどくさいである。
 
あれもこれもと、やらなくてはと思っていること、やるべき事、やりたいことは溢れているのだが、その余りの多さに辟易している。
 
あー、めんどくさい。
 
そう思いながらゲームをしている。
 
やらなくてはいけないことを頭の中に思い浮かべる。
例えば片づけに、掃除に、明日の準備に。
それは、些細なことなのに、やらなくてはと思うと何だかとても億劫になってくる。
まぁ後でいいかと思ってしまう。
 
仕事を終えて家に帰る。疲労感でいっぱいだ。洗濯物の仕分けをしなくちゃと思う。思うのだけど、めんどくさい。別に明日でもいいか、と思ってしまう。
 
あー、めんどくさい。
 
机の上には、読もうと思っている本が溜まっている。勉強しようと買ったテキストが綺麗なまま置いてある。
 
あー、めんどくさい。
 
書類の山を見ても、返し忘れてしまっていたラインのメッセージに気付いても、頭の中にこのワードが浮かぶ。
 
あー、めんどくさい。
 
全部、全部、めんどくさい。
 
これではいけないと思うのだけど、一度、めんどくさいと思ってしまうと、もうどうしようもなくやりたくなくなってしまう。
先延ばしにしてしまう。
 
良くないことはわかっているのに、めんどくさいと後に回すと、未来の自分が苦しむことはわかりきっているのに、どうしてもめんどくさいと思ってしまう。
 
でも、最近になっていい加減、何でもめんどくさがって先延ばしにばかりしているようでは、情けない人間になってしまう、それではダメだと思い、対策を考えることにした。
 
めんどくさいと感じる瞬間は、何かをやらなくてはと考えたその時に訪れる。
だったら、考えなければいいのではないだろうか。
それを「やらなくては」と考えて、それをやるのにかかる手間を想像し始めるから嫌になってくるのだ。
 
「やらなくては」そう思いついた瞬間にぱっとやる。
そうか、これはリズムゲームだ!
と、閃いた。
 
「やらなくては」という思いが心に浮かんだその瞬間に動けたら、そのタイミングがベスト、つまりはS-Perfectだ。ちょっと怯んだものの、さっと行動に移すことが出来たらPerfectだし、とりあえず嫌だなと葛藤をしつつも行動できたらGreat。嫌々ながらもどうにか、動けたらGoodで、先延ばしにしてしまったらMissだ。
 
リズムゲームは、その一瞬タイミングが少しずれただけでS-Perfectを取ることができない。ほんの少しの差でMissになることも多い。
めんどくささも、たった一瞬の隙をついて立ち上がってくる。
そしてその一瞬のせいで先延ばしにしてしまうことがとても多い。
 
ちょっと、他の誘惑が頭に思い浮かぶと、しなくてはと心に決めたはずの物事をやるのは、なんてきつくて、つまらないことかと脳が想像をし始めてしまう。
 
今、やらなくてもいいじゃないか。
それより、疲れた。もう眠ろう。片付けなんて明日の朝したらいいじゃないか。
 
今しない理由が、いくらでも浮かんでくる。
 
今日は色々と十分に頑張ったのだから、勉強は明日でいいじゃないか。
それより、映画でも観ようじゃないか。
 
言い訳を考える隙を与えてしまうと、それを押しのけるのは中々大変だ。
 
眠いけど、片付けておかないと明日の朝からいらいらするし、でももう既に「片付けなくては」と思っているこの状況にいらいらしているし、あーもう、めんどくさい。あー嫌だ。
 
段々、どんどん、めんどくささが増していく。
 
この隙を与えずに、瞬間的に「やらなくては」を、「やる」に変えたら良いのだ。
そうしたら、すっきり爽快に「やらなくては案件」は解決する。
S-Perfectを取って、心もすかっとする。
 
だいたいから、先延ばしにして、Missしてしまうと、何だかもやもやと、嫌な気持ちになる。
 
めんどくさいと言い訳をして先延ばしした事が、心に引っかかってしまうのだ。
 
「やらなくては」と思っていることをやらずに、何か別のことをする。
それは、本来好きなことであるはずなのに、「やらなくては」と思っていることが頭から消えてくれないせいで、どこかちょっと楽しくない。
 
片付けをせずに眠っていても、心のどこかで、明日起きたら片付けなきゃ
と思っているからなんだか憂鬱な気持ちでいる。
 
勉強しなくてはと思っているのに、映画を観てしまったら、なんとなく映画が楽しめない。
 
音楽ゲームでも、一度ミスをしてしまうとそのミスが心に引っかかっているせいで、集中出来ず、ミスを繰り返してしまうことも多い。
どんどん調子が狂っていく。
 
人生にもリズムが大事なのだ、きっと。
 
これからは、めんどくさいと思ってしまいそうになったら、考える前に行動してしまおうと思う。
S-Perfectのタイミングを狙おう。
良いリズムに乗って、テンポ良く、毎日を楽しめるように。
タイミングを逃さずに、今日も今日やるべきことを一つ一つクリアして行こう。
音楽ゲームのように。
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座2講座(90分×2コマ)《11/12まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-11-07 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事