プロフェッショナル・ゼミ

Apple Pencilが使えるiPad miniが欲しいなぁ《プロフェッショナル・ゼミ》


*この記事は、「ライティング・ゼミ プロフェッショナル」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:安光伸江(プロフェショナル・ゼミ)

「iPad Proいいよ~」

先日のライティングゼミの講義でも三浦さんはそう言った。
iPad Proは買うべきである、その理由は……(以下省略)

そうか~、セルラーモデルでギガを大容量にしてるのか~
そうか~、定食屋さんで映画を見るのにも使ってるのか~
そうか~、書類を持ち運ぶのが減ったのか~

いちいち感心して聞いていた、が、私は複雑な気持ちだった。
ちょうど、iPad Pro 12.9を買っちゃったけど新しいiPadが出てそっちでもよかったかも、という記事を書いたところだったからだ。

私がiPad Proを買ったのは、ひとえにApple Pencilを使いたかったから、という理由につきる。PDFに手書きで書き込める、メモアプリにも書き込める、くらいしかまだ使ってないけれど、だからiPad Proじゃないといけないと思っていた。大きさは正義だと思ったので12.9を買った。お値段も高いが重量も重かった。

そこで出たのが新しいiPadである。iPadの中では、安い。Wi-Fiモデルにすれば、私が買ったiPhoneより安いような気がする。なんとApple Pencilが使えるという。

しまった。早まったか。
新しいiPadなら、スタバに持って行ってどや顔できたか。

そう思って一度買おうとして精算までした。ケースもアマゾンで注文した。
使う気満々だった。

が、しばらく考えていたら躊躇してしまって、キャンセルした。
優柔不断ではあるが、キャンセルできる期間は意外に短いので、うまくキャンセルできてホッとした。

その後ネットでいろいろ調べまくった。

私のiPad Proの用途としては、メモアプリに手書きでいろいろ書きたいというのがある。ライティングゼミの原稿のネタ出しをしたいのである。
だがiPad Pro12.9は重い。なんとしても重い。リュックに入れて出かけようとしたが、「これ、肩に食い込むよ(泣)」と断念した。

メモアプリでネタ出しをしたいのだから、iPhoneのメモアプリでフリック入力でばしばし書いてもいいじゃないか、と、フリック入力が速くなるというトレーニングアプリを手に入れて練習を始めた。うん、脳トレになる感じ。今までフリック入力するときにはキーボードを見ていたことに気がついたのが収穫だった。それじゃぁ遅いわけだ。パソコンやデジタルメモ「ポメラ」では親指シフト入力だから、キーボードなんて全然見ないのに(そもそもキーボードに書いてある文字と違うのが出てくるので見てもしょうがない)。これは鍛える価値がある、と、iPhoneのトップ画面にトレーニングアプリを置いた。アイコン、ダサいけどね。ホリエモン推奨の両手打ちが楽々できるようになるのが目標だ。Mac上ではメモアプリに親指シフト入力しているので、フリック入力が速くなればそれにこしたことはないのだが、でもまだ疲れる。

実はiPhoneのメモアプリでも手書きは一応できる。指で書くのだ。でも字がでかく、それはそれは汚い筆跡になるので、あまり脳にいい感じがしない。あまり使いたくない。

あ~、iPad miniでApple Pencilが使えるのが出たら絶対買うのに!
それを持ち歩いてスタバでばりばり書き込んでネタ出しするのに!
そしたらライティングゼミもプロゼミも毎週掲載されて、一躍人気ライターになれるかもしれないのに!(←ここは、妄想)

そうこうするうちに、iPad Pro 9.7(初代で今は売ってない)の整備品が出ているとどこかのウェブサイトで知った。

整備品とは、初期不良があったなどでAppleに返品されたものを、リフレッシュして新品同様にしたもので、たいてい型落ちだが、新品より少し安く買える。しかも新品と同じく、1年間のメーカー保証もついてくる。

そうだ。私は今までiPadを買う時はたいてい整備品を買っていたんだ。今使っているMacBook Proだって整備品だ。箱が化粧箱でなく白い箱になるだけで、あとは新品を買うのとかわらないし、なんといっても安い。

しかも、9.7インチなら、私の好きなローズゴールドがある!

買っちゃおうかな
いややめとこうかな

現行機種の10インチの方を買うという手もあったが、これはここひとつ高い。
それに、9.7インチの方が数十グラム軽い。新しいiPadよりも軽い。
今度のは完全に持ち歩きのためにほしいのだから、軽さは正義だ。

Apple online store で一度バッグに入れたが、その日は勇気がなくて決済せずに寝た。一晩待ってみて売り切れていたら諦めようと思ったのだ。

翌日はカードリーディング講座なるものを受けに行って、お金が継続的に稼げるようになりたい、という希望を伝え、いろいろ洗い出してみたところ

お金の心配はしなくていい、安心していられることをしていけばいい

という結論が出た。ふ~ん、そうなのか。
今は親が遺してくれたお金があるけど、それを無駄に使っちゃわないかと不安だった。でも、自己投資としてなら使ってもいい……かもしれないな。

そうして家に帰るとはがきが来ていて、母が亡くなった時の最後の年金が振り込まれると連絡があった。iPad Pro整備品を買っても十分余る金額だ。

思い切って買っちゃうか。

三浦さんは先日の講義で「iPad Proを数ヶ月買わないことによる損失の方が大きいと考えてすぐ買った」と言っていた。この言葉にはぐぐぐっと背中を押されていた。

私もほんとはiPad miniでApple Pencilを使いたいけど、そんないつ出るかわからないものを待っているより、今9.7の整備品を買っちゃって、使い倒した方がいいんじゃないかと思った。

そして母の年金がさらに私の背中を押した。

買っちゃえ。

というわけでちゃっちゃとローズゴールドの、しかも容量のでかい方(32GBのも出ていた)を注文した。

ああ買っちゃった。
新しいiPadじゃなくて、それよりちょっと高い、iPad Pro初代整備品。
どうしちゃったんだ私。

その翌日、食事とスタバに行く時に、iPad Pro 12.9をリュックに入れてみたけど、やっぱり重くて持ち歩くのはやめようと思った。9.7が来たら断固として持ち歩こう。少々重く感じても想定の範囲内ということにしよう。これでスタバで手書きができるぞ!

ちなみに私が買った整備品はWi-Fiモデルである。家にいる時間が長いから、SIMなしでも問題ない。外で書くため、といってももっぱらスタバにいるので、iPhoneに入れている格安SIMのオプションで wi2 300 という無料Wi-Fiが使えるから、セルラータイプじゃなくてもそんなに問題はないのだ。さらによそで使いたくなったら、今ならiPhoneでテザリングすればいい。もっと容量がほしければ、使わなくなったので眠らせているモバイルルーターにまた別の格安SIMを入れればいい。

安心あんしん。

そうこうするうちに、Appleから出荷のメールが来た。
わくわくしてきた! これはいい傾向だ。きっと使えるに違いない。

そして翌日はiPad mini 2(古い!)をもってスタバに来てみた。
わりといい。MACアドレスとやらを登録してあるので、wi2 300 が自動で使える。 iPad Pro9.7はこれより重いけど、持ち歩いてやる!
午後の配達が楽しみだ!

そして3時頃届いたiPad Pro9.7 のセッティングは、iOS11搭載のiPhoneがあると簡単にできた。復元するのは、12.9のiPad Proからできた。アプリのダウンロードには多少時間がかかっていたが無事終了。これで明日から持ち歩けるぞ!

もちろん最初に試したのはApple Pencilでのメモアプリの手書きだ。12.9より反応が少し遅い感じがした。書いてから表示されるまでに、ほんの一瞬だが間があくのだ。最新機種を使い慣れたあとだから、体感的に遅いことには慣れるしかないか。たぶんこの部分は新しいiPadでも「遅い」と感じた部分なので、我慢するしかあるまい。

重さはまずまず。これならリュックに入れて歩いてもなんとかなるんじゃないかと思う。よし、明日からこれを持って歩いてスタバでどや顔だ!

Apple Pencilをもう1本買うべきか迷うところだが、しばらくはそれぞれのiPad Proを使うたびにペアリングし直すのでもいいことにしようと思った。2本管理するのは面倒くさい気がしたからだ。でも、手元に見当たらない時のために、予備を持っておくのもいいかもしれないとは思った。今後の検討課題だ。

そんなわけで、iPad Proを持ってなくて今から1台だけ欲しい人のうち、持ち歩きメインな人は、いまなら10インチの最新iPad Proが正解なんじゃないかと思う。わたしは12.9を先に買っちゃったので少しでも軽い型落ちにしたけど、Apple Pencilの書き心地は最新機種の方がいいみたい。

ああでもiPad miniのApple Pencil対応機種が出たら買っちゃいそうだな。
いや、買ってもいいと思う。ほんとにメモ帳がわりに使えそうだから。

でないかな
でないかな

今後数ヶ月で出たらちょっとビビるけど、でも買っちゃうと思うなぁ。
iPadばっかり何枚もあってもしょうがないとは思うけど、

でも、使いこなしてみせようじゃないのさ!

メインの用途は、Apple Pencilの手書きによるライティングゼミ用原稿のネタ出し! というのがちょっと情けないところではあるが、いずれプロのライターになった時にはきっと大活躍してくれるだろう。その頃には新機種が出ているだろうけど、きっと必要経費で買えるよ。大丈夫だよ!

と、大きくでてみて、と

三浦さんじゃないけど、iPad Pro、いいよ。
今年の新機種が出るまで待ってからでもいいから、買った方がいいと思うよ!
もしiPad miniでApple Pencilが使えるようになったら、女の人はぜひ買うといいと思うよ!

出ないかな、Apple Pencilが使えるiPad mini。
欲しいなぁ。

そしたら自己投資として買っちゃうからね!

***

この記事は、「ライティング・ゼミ プロフェッショナル」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



関連記事