fbpx
メディアグランプリ

私たちが見えていない世界

thumbnail


*この記事は、「リーディング倶楽部」にご加入のお客様に書いていただいたものです。

【2020年4月始動!】本好きの、本好きによる、本好きのための部活・天狼院「リーディング倶楽部」~読書会に参加しよう!ブックレビューを書いて広めよう!毎月一冊課題本を読み潰そう!《FC会員は無料で参加OK》

記事:大森瑞希(天狼院リーディング倶楽部)
 
 
夜通し読んで、気づいたら朝だった。
まさに、この物語のラストは、朝日が昇る一日の始まりに相応しくて、少しずつ明るくなっていく部屋を見ながら、私は放心状態だった。
悲しいのでもなく、嬉しいのでもない。
何とも定義しがたい思いに包まれていた。
敢えて言うならば、清々しい気持ち。
しかし、この言葉が私の感情を全て表現できているとは言いがたい。
本を読んでこんな気持ちになったのが初めてで、私の心はいまだかつて経験したことの無い感情に、処理が追いついていなかった。
ただただ、心の中で静かに、朝日が昇っていく。
湖の水面に波紋が広がり、その輪が大きくなっていくように、私の心に何かが少しずつ染み入ってくる。
気づけば、じんわりと温かい涙が流れていた。
 
『流浪の月』(凪良ゆう「東京創元社」)は、私の中の偏見や固定概念を考え直すきっかけをくれた。
人の痛みは、その人にしか分からない。
二人のことは、二人にしか分からない。
当たり前のことだが、私たちは、ついそのことを忘れ、何か物事が起こると当事者に意識を向けることなく、勝手にストーリーを想像してしまう時がある。
推測しているだけの私たちは無傷だが、勝手に想像された当事者からしたら、いい迷惑である。
そしてその想像が、事実と全く異なっていたらなおさらである。
この物語では、周囲からは決して祝福されることのない2人が、互いを必要とし、生き続ける話である。
祝福されないどころか、一緒にいることを世界中の誰もが反対する間柄だ。
更紗ちゃん誘拐事件の被害者・更紗と、加害者の文。
彼らが同じ屋根の下で生活を共にしたのは、二ヶ月間。
警察に見つかり、離れ離れになり、別々の人生を歩んでからも、二人は心の中で互いを求め続ける。
なぜだろう。誘拐をされた側とした側なのに。
二ヶ月の間に何があったのか、二人が互いにどのような存在なのか。
残念ながら、世間の誰もそれを知ることは出来ない。
二人のことは、二人にしか分からないから。
そして人間は、勝手に想像してしまう生き物だからだ。
 
人はしばしば、人間関係に名前をつけたがる。
知人、友達、親友、恋人、家族……。
その定義から外れると、「それは一体どんな関係なのか」と訝しむ。
それどころか、無理やり自分の既成概念に当てはめ、それを他人に押し付けたりする時もある。
当たり前だが、自分の想像を超えた領域を想像することは出来ない。
人間は想像できないものは見ないから、そこに共感は生まれない。
ひとりの人からそんな態度を取られても、その人に共感されないだけなので、ダメージは少ないが、これが世界中のひとが共感してくれなかったらどうだろうか。
全ての人の想像を超えたところに真実があるとして、誰もそれを理解してくれなかったら。
それは、絶対的な孤独だ。
誰一人として味方のいない世界は、とても生き辛い。
 
厄介なのは、共感が出来ない側の人間に、悪意がないということである。
自分の固定概念が、知らず知らずのうちに他者を傷つけていることに気づかないのだ。
他者への想像が出来ないというのは、悪ではあるが、その人自身に悪意はない。
 
本の中の二人は、傍から見ると異常な愛で結ばれている。
家族でも、友人でもなければ、恋人でもない。
誘拐犯と、連れ去られた子。
一緒にいることを誰もが反対する二人の思いと、彼らの流れつく先を、本書では丁寧に描いている。
物語のラストで二人の下した決断には、清々しい祝福を覚えずにはいられない。
もし、彼らが実在する人物だとしたら、私は彼らの背中に大声で「絶対、二人だけで幸せになってね!」とエールを贈るに違いない。
 
本書は2020年の本屋大賞に選ばれているから、きっと、既にお読みになった方も多いかもしれない。
私の友人は読書好きが多い。
読書好きの人の中には、しばしば、「本屋大賞なんて、大衆的な物は読まない」と言う風に決めている人もいるようだが、そんな人にこそ、お勧めしたい。
読書家の中には語彙力が多く、抽象的なものに名前を付けるのがうまい人がたくさんいるが、この本を読むと、言葉では定義できない新しい人間関係や感情に気づかされる。
それは決してもやもやするのではなく、こんな関係・感情があるのかという素直な発見だ。
自分の見ている世界は、常に断片的であることに気づくきっかけになると思う。
全体的に息苦しいストーリーであるものの、最後はきっと清々しいような思いに包まれる。
 
ぜひ、二人の行く末を見届けてあげてほしい。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の新サービス「リーディング倶楽部」にご加入した方が書いたものです。こちらにご加入いただいた方にブックレビューを投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

【2020年4月始動!】本好きの、本好きによる、本好きのための部活・天狼院「リーディング倶楽部」~読書会に参加しよう!ブックレビューを書いて広めよう!毎月一冊課題本を読み潰そう!《FC会員は無料で参加OK》

▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 https://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-07-09 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事