fbpx
メディアグランプリ

言い間違いはスパイスだ。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:武山世里子(ライティング・ゼミ9月コース)
 
 
母:あんた、そんな恰好あかんと思うわ。
娘:そんな恰好ってどんな格好やねん。
母:さっきお店でしゃがんだ時、パンテー丸見えやったわ。めっさあかんわ、あんなん。
娘:何やねん、パンテーて。
 
これは、70代の母親と娘の私とのやりとりだ。
彼女は、パンティーと言えず、パンテーになる。
何十年も母親の「パンテー」を耳にしてきたが、
うんざりしながらも、どうしても突っ込んでしまう。
「なんでパンテーやねん」
 
家族がどれだけ指摘しても、改善できない。
パンテーだけではない。
テーシャツ、クリスマスパーテー、クロマテーetc.
ティーがテーになる。
家族では、母のテー問題と言って、小さなイラッを何とかやり過ごしている。
 
しかし、家族以外に発せられるこの「テー」問題は、問題とはなっていないのだ。
母:レモンテ―下さい。
カフェ店員:ホットですかアイスですか?
母:アイステー、あ、やっぱりホットテーで。
 
店員さんが一瞬「にやっ」としたのを見逃がさなかった。
本当は「レンモンテ―って何やねん!」と突っ込みたくなった。
しかし、客の手前、それをぐっとこらえて、にやけたんだと思う。
店員さんは「テー テー」を連呼する初老の女性がきっと面白かったに違いない。
 
たいていの場合は、ニヤッとされたり、失笑されて、その場の空気はなんだか和む。
 
 
ある、スーパー銭湯でのことだ。
年配のご婦人が風呂仲間の女性に話をしているのが聞こえてきた。
「先週、岐阜の温泉行ってきたわ。源泉垂れ流しで、ええお湯やったわ」
仲間の女性が「垂れ流しって!」と即座に突っ込んだ。
「垂れ流し」と言った女性はこの時まで、「かけ流し」を「垂れ流し」と思っていたそうだ。
「私、垂れ流しって言い続けてきたわ。誰も教えてくれへんかったんや。冷たいなあ!」と逆切れしていた。
 
私を含む、周囲の人たち数名が声を出して笑った。
「垂れ流しって、言い続けてきはったんや」と笑いがこみあげてきた。
きっと、彼女の「垂れ流し」を聞いてきた人たちは、にやけていたに違いない。
それを想像するといつまでもニヤニヤしていた。
ポカポカのお風呂が、もっともっとあたたかくなった。
 
 
2012年ロンドンオリンピックの柔道日本代表発表記者会見をYouTube観てしまった。
吉村強化委員長の「伝説的記者会見」だ。
これは観てしまった、というしかない。
頭にこびりついて離れない。
ふと頭によぎると、所かまわずにやけてしまう。
電車に乗ってようが、会議であろうが、この伝説的記者会見は、私のコントロールを奪ってしまった。
それはまさしく「伝説的記者会見」と呼ばれるにふさわしものだった。
 
代表選手の名前が発表される張り詰めた空気の中、吉村委員長が女子選手の体重別の階級と、名前を発表した。女子選手の発表が終わると男子選手に移った。
 
57キョロ級 まつもとかおり
63キョロキログラム級 うえのよしえ
70キロクキログロム級 たちもとはるか
78キロクングラム級 おがたあかり
 
この後も、最後までまともに、「キログラム級」が言えずに進んでいった。
男子選手の発表は、さらに間違え方が激しくなった。
 
どくじゅっ フフフ 66キロギュラム級 えびぬままさしィ フフ
81キロクッキラム級 なかいたかひろ
 
もうめちゃくちゃだった。
この言い間違いは、何度見ても腹の底から笑ってしまう。
言い間違いを最後まで修正できなかった強化対策委員長も
激しい言い間違いの後に自分の名前が呼ばれて、必死で顔を崩さず返事をする選手も
委員長の隣で、「やめてくれ~!」の表情で下を向く、男子、女子の両監督も
全員が真剣そのもので最高だった。
 
この言い間違いを責めた人はおそらくいないのではないかと思う。
責めるどころか「思い出に残る会見をありがとう」と感謝されたのではないかと思う。
YouTubeのコメントも、
「サイコー」
「この先10年たっても色あせない傑作」
など、ポジティブな内容のものばかりだった。
本人も、選手も、関係者も、会見終了後は腹を抱えて笑ったのではないだろか。
そして、張り詰めた緊張感のまま、重々しく進行された会見より、ずっと思い出に残るものになったに違いない。
 
言い間違いってすごい。
どんな場でも、空気を変える爆発力を持っている。
気のきいたジョークよりも、自然に空気を和ませる。
言い間違いは、神様がくれた言葉のスパイスなのかもしれない。
このスパイスを振りかけると、その場がさらに良いものになる。
 
しかし、「言い間違い」という言葉のスパイスをより効果的に効かせるための条件がある。
そのスパイスを振りかけられたときは、
きちんと反応することだ。
簡単だ。
「あはっ」とにやければいい。
上級者は、突っ込めばいい。
ただそれだけ。
 
私はこれからも、「言い間違い」に反応していくだろう。
そして、言い間違いのスパイスを最大限に利用して、その場の空気を良いものできたらいいなと思う。
小さな取るに足りないことかもしれないけれど。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-12-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事