fbpx
リーディング・ハイ

身から出た錆だけど・・・・・・《リーディング・ハイ》


river

 

記事:Shoji THX Yamada(R&W講座)

 

「こりゃ、えらいことになっちまたなぁ」

心地良い感動の中、小生は映画館のシートで呟いていたらしい。

 

小生は、意志は薄弱であるが、負けん気が強く意地っ張りだ。しかも、頑固で短気だ。要するに、極めて扱いにくい輩(やから)である。自分で言うのは、おかしいが・・・・・・

いい歳した大人なので、性格は変え様がないことは、十分承知している。

せめてもの償い(世の中に対し)として、自身がややこしい人間であることを、最近になって自覚することにした。

 

一応、先に述べておくが、小生は、かなりの映画マニアである。映画を観ることに、何らの苦痛は伴わない。ただし、小生が“好きそうな”映画とのコーションは付いてしまうが。

そんな小生が、今年の年初から映画に関し言い続けてきたことが有る。

「今年のベスト1映画は『ブリッジ・オブ・スパイ』で決まり!」

 

映画好きの小生は、取りまとめ役をしている映画サークルで、毎年、会員たちが投票するベストテンを集計している。

勿論、小生も投票する。もう、40年以上続けて。

 

この作品は、巨匠スティーブン・スピルバーグが監督した、実話を基にした、サスペンスドラマだ。

ラストで、二重に成った‘ポジ抜け’に感動した。

小生が、観たのは1月9日だから、かなり気の早い話ではある。周りの友人達は、

「もう決めていいの?」

とか

「後になって、また変えるんじゃないの?」

なんて、言ってきた。

中には、

「男が一旦言ったことを、変えるのって格好悪いよ」

なんて、嫌味な忠告をする者まで出てきた。

意地っ張りな小生は、当然

「俺は、一度言い出したことを変えたためしがない」

と言い返し、今でも言い続けてきた。

 

9月18日に開催された‘天狼院映画ラボ’でも、今年のベストワン映画はこれと、同じ映画を自信たっぷりに発表した。

‘二重ポジ抜け’についても、ネタバラシの様な無礼をせぬよう注意して話した。

 

ところが、映画ラボから一週間も経たない9月24日、TOHOシネマズ六本木2番スクリーンL列22番シートで、終映間もない13時半過ぎに、冒頭の言葉を呟いた。

正確に書くと、呟いたらしい。当人に自覚がないので、伝聞なのだ。

 

観た作品は『ハドソン川の奇跡』

 

今や、巨匠の一人に数えられる、クリント・イーストウッドの作品だ。

2009年に起こった、航空機事故を主軸に、事故に至るドキュメント・タッチと、その後に起こるドラマを、ヒューマンタッチに描いた映画だった。

作品の出来の良し悪しは問うことは好かないが、小生にとって‘ド’ストライクな感動作に仕上がっていた。

特に、ちゃんとポジティヴに抜けるあたり、流石にアメリカ映画の真骨頂といったところだ。

その上、ラストのセリフが、最高の余韻を残し、かつ、エンドタイトルで流れる実写(当時の)が、素晴らしいクライマックスになっている。

 

改めて、「ABCユニット」や「ポジ抜け」といった技法を、天狼院のライティングで学んでいて良かったと思った。

この齢になっても、学ぶ事は沢山あるのだ。

 

 

ところで、何がえらいことになったかというと、未だ映画館のシートから立てない(感動で)小生の脳裏に、今年の年初に友人たちから言われた言葉が、いくつもリフレインしたからだ。

本当は、今年のベストワンを入れ替えたい気分になってしまった。

意地っ張りな小生は、素直に今の感動を伝えられるだろうか。

意地っ張りな小生は、素直にどちらがベストな映画か検討出来るだろうか。

意地っ張りな小生は、大見得を切ってしまった天狼院映画ラボの仲間に、素直に「ごめんなさい」が言えるだろうか。

どれも、小生にとっては‘えらいこと’である。

全て、身から出た錆であることは自覚出来ていてもである。

 

一つ、妙案が浮かんだ。

9月の天狼院映画ラボのテーマが、「上半期のベスト映画」というものだった。

ここは、石坂マネージャーの案をお借りして、小生も自分の2016年映画ベスト10は、前後半に分け合計20本上げれば良いのだと気が付いたのだ。

勿論、反則ではあるが。

 

ここに改めて、自信をもって宣言します。

今年の上半期ベストワン映画は『ブリッジ・オブ・スパイ』

今年の下半期ベストワン映画は『ハドソン川の奇跡』

如何でしょうか。

 

 

ロードショー中の『ハドソン川の奇跡』

大好きな、大好きな映画です。

映画館を出る時、必ず笑顔になること請け合いです。

映画館が明るくなる前、きっと、拳を引き付けてガッツポーズしたくなります。

映画館から外に出ると、少しだけ優しくなった気がします。

そして、この映画の印象だけで、今年中は心のエネルギーが保つはずです。

 

必ず、映画館で御覧下さい。

出来れば、映画館へ急いで下さい。

 

小生は、こんな映画が好きな男なのです。

 

 
 
………
「読/書部」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、スタッフのOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
また、直近の「リーディング&ライティング講座」に参加いただくことでも、投稿権が得られます。

詳細こちら→【9/8Thu 読/書部】読書を最大限に人生に生かす「読んで書く」技術を徹底的に学ぶ「リーディング&ライティング講座」!読まれる文章のたった一つのコツ「abcユニット」でブックレビューとも書評とも違う全く新しい読書メディア『リーディング・ハイ』をみんなで創ろう!《初心者大歓迎》

本好きの、本好きによる、本好きのための夢の部活「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」。ついに誕生!あなたが本屋をまるごと編集!読書会!選書!棚の編集!読書記事掲載!本にまつわる体験のパーフェクトセット!《5月1日創刊&開講/一般の方向けサービス開始》

【リーディング・ハイとは?】
上から目線の「書評」的な文章ではなく、いかにお客様に有益で、いかにその本がすばらしいかという論点で記事を書き連ねようとする、天狼院が提唱する新しい読書メディアです。

 

 【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021

福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2016-10-03 | Posted in リーディング・ハイ, 記事

関連記事