fbpx
リーディング・ハイ

作り物のやさしさじゃ、いけませんか?《リーディング・ハイ》


make

 

記事:木村保絵(リーディング&ライティング講座)

 

はぁ。なんでみんなそんないい人なんだろう。

人の集まりから帰って来ると、いつも悲しい気持ちになる。

みんなはあんなにいい人なのに、なんでわたしはこんなに嫌な人なんだろう。

 

やさしくなりたいと思って努力をしてみても続かない。

うまくいって人に好かれると、不安になる。

これは、本当のわたしじゃないのに。

なんだか騙してるみたい。

 

そんなとき、こどもの頃に読んだ1冊の本を思い出す。

誰かを思うきもちが、奇跡を起こす物語。

意地悪なわたしも、やさしくなりたいと思える物語。

 

****

 

まだ幼い頃、世の中怖い物なんて、何もないと思ってた。

欲しい物があれば、手に入るまで泣き叫ぶ。

ジャマなものがあれば、何が何でも力づくでどかしていく。

自分より倍以上大きな男の子達に「どけよ、チビ!」と言われれば

「いやだね、ベーだ!」と舌を出す。

「うちにお兄ちゃんいるんだからね! お兄ちゃん呼んでくれば、あんた達なんて、倒してくれるんだから!」

エラそうに叫ぶ幼い娘の声を耳にし、母はどうしていいものか、部屋の中で困ったという。

兄は、同年代の子たちよりも、体が弱く小さかった。

どう考えたって、兄ではあの男の子たちを倒せない。むしろ簡単に倒されてしまう。

それなのに、まだ2~3歳の小さな気の強いヤンチャ娘はケンカを売り続けている。

あぁ、どうすればいいんだ、と毎日ハラハラしていたと、今では笑いながら教えてくれる。

 

もちろんそんなワガママっ子は、成長していく中で、壁にぶつかり、叩かれ、ボロボロに傷ついていった。

あぁ、自分は人とは何かが違う。

考え方がおかしい。

もっと謙虚に、他人にやさしくならなくちゃいけないんだ。

 

やさしく、やさしく……って、どうやるの?

そもそも、やさしくしようって思ってするのって、本当にやさしさなの?

それはただ、嫌われたくないだけかもしれない。

純粋なやさしさって、何?

本当のやさしさって、何?

生まれつきやさしくないと、やさしい人にはなれないの?

 

こころより先に、頭が動いてしまう。

 

10代、20代の頃は、もがいていた。

わたしらしくいたい。

だけど、やさしくなりたい。

いい人でいたい。わたしもみんなとただ笑い合いたい。

悩んで苦しんで、落ち込む日が少なくなかった。

 

ところが、30を過ぎるとだんだんその必死さも失われていく。

まぁ、仕方ないじゃん。

なるようにしか、なれないよ。

きっともっと長く生きていけば、自然と丸くなっていくよ。

やさしくなれない自分に時々落ち込みながらも、まぁいいかと諦めていく。

 

そんなわたしが、10代20代の必死でもがいている子たちを見ると、

「大丈夫だよ」と、

ポンポンと、肩をたたいてあげたくなる。

 

大丈夫、わたしもいい人じゃないけど、本当のやさしさとかわからないけど、

なんとなくしあわせだし、大事にしてくれる人はしてくれる。

自分の出来る範囲で、思いを込めて接していれば、

時々意地悪が顔を出しても「あの人は仕方ない」と許してもらえる。

ちょっとだめなところが、味になったりするもんだ。

そんな風に、必死に頑張る年下の子たちを思いながら、本当は自分に言い聞かせている。

 

やさしくなれないわたしが、それでも大丈夫、と思える時。

そんな時は、いつも、こどもの頃に読んでいた、一冊の絵本を思い出す。

「ちいさなきいろいかさ」という、ボロボロになるまで何度も何度も読んだ絵本。

 

なっちゃんという女の子のお話。

雨の中、濡れている動物のお友達を、傘の中に入れてあげたいなぁと、心の中で思う。

すると、不思議なことに、傘はスススっと大きくなる。

誰かのことを思うと、誰かのために願うと、奇跡が起こる。

そんなことを教えてくれた絵本。

 

ずっと年中やさしい人じゃなくてもいい。

誰かが困っているとき、あ! と気付いて、どうにかしたいなと考える。

そうすれば、やさしい人じゃなくたって、わがままな人だって、

誰かの力になれることが、あるかもしれない。

 

「あ、濡れちゃう!」そう思って傘を差し伸べるだけでいい。

それなら、わたしにも出来る。

やさしい人は、「大変だったねぇ」と言いながら、屋根のあるところでタオルを出して髪の毛を拭いてくれる。

「寒かったでしょ」と言って、あったかい缶コーヒーを買ってきてくれる。

「わぁ、手も冷たいね」と言って、両手をやさしく包んでくれる。

わたしには、そこまでは思いつかないし、気が回らないし、行動ができない。

でも、「あ!」と思うくらいは、「濡れてる!」って気付くことくらいはできる。

そこからちょっとだけ「濡れないようにしたい。何かできないかな」そう思うだけでもいい。

「あぁ、今この人にできるやさしいことは何だろう」そう考えてから動き始める行動だって、やさしさだ。

作り物のやさしさだって、誰かの力に、なることはできる。

それでもいいじゃないか。そう思えることができる。

絵本に出てくる「なっちゃん」は、わたしとはちがう、本当に心優しい女の子。

その「なっちゃん」が、「そんなに考えなくても大丈夫」とやさしい心で包んでくれる。

 

「いつか自分にこどもが生まれたら」

そんなことを時々、思う。

こんな中途半端な人間が、何か教えてあげられるんだろうか。

見せかけだけで、心の中は意地悪なわたしが、どうやってやさしさを教えてあげられるんだろう。

考えてもキリがないことを考えては、時々不安になる。

自分で勝手に雨を降らして、ずぶ濡れになって、悩んでしまう。

 

そんな時、この絵本を思い出すと、スッと頭の上に黄色い傘がかけられる。

「大丈夫よ。あなたも入れてあげる。みーんな傘の中に入れるよ」

そんな声が、聞こえてくる気がする。

 

そうか、大丈夫だ。

わたしには、この絵本がある。

もしもいつか、わたしにもこどもを育てられる日が来るとするならば、

この絵本を読んであげよう。

きっと伝わるはずだ。

やさしさって何か。

この絵本があれば、やさしくなれないわたしにも、やさしさを伝えることができるはずだ。

誰かのことを思い、やさしさを一つずつ積み重ねて、作り上げていくことが、きっとできるはずだ。

 

『ちいさなきいろいかさ』 作:もりひさし 絵:西巻茅子 金の星社

 

  
………
「読/書部」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、スタッフのOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
また、直近の「リーディング&ライティング講座」に参加いただくことでも、投稿権が得られます。

詳細こちら→【9/8Thu 読/書部】読書を最大限に人生に生かす「読んで書く」技術を徹底的に学ぶ「リーディング&ライティング講座」!読まれる文章のたった一つのコツ「abcユニット」でブックレビューとも書評とも違う全く新しい読書メディア『リーディング・ハイ』をみんなで創ろう!《初心者大歓迎》

本好きの、本好きによる、本好きのための夢の部活「月刊天狼院書店」編集部、通称「読/書部」。ついに誕生!あなたが本屋をまるごと編集!読書会!選書!棚の編集!読書記事掲載!本にまつわる体験のパーフェクトセット!《5月1日創刊&開講/一般の方向けサービス開始》

【リーディング・ハイとは?】
上から目線の「書評」的な文章ではなく、いかにお客様に有益で、いかにその本がすばらしいかという論点で記事を書き連ねようとする、天狼院が提唱する新しい読書メディアです。


2016-12-14 | Posted in リーディング・ハイ, 記事

関連記事