STUDIO天狼院

「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」が全国の「スタジオ天狼院」をつなぐ


天狼院書店店主の三浦でございます。

天狼院の新ブランド「スタジオ天狼院」のオープンにともないまして、このたび、新しい概念を導入することに決まりました。

それが、「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」です。

天狼院はこれまで、読書会などの「会」、フォト部などの「部活」、そしてライティング・ゼミなどの「ゼミ」という概念を順次導入してきましたが、「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」は、その最上位に君臨するサービス概念です。

「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」は、これまで、単発のイベントなどでは継続的な制作が難しかった、雑誌や演劇、映画や写真の個展などの制作、様々なトピックの研究を腰を据えて長期的に行う目的で開発したものですが、単純に、お客様同士がより深くつながるための仕組みだと思っていただければと思います。

それなので、インスティテュートでは、部活やゼミと違って、基本的には講師の先生がいない状況で、お客様同士が主体となって開催するというかたちをとります。

たとえば、ポートレート研究所では、お客様同士でどのカメラやレンズがポートレート撮影に合うのか、どういう撮影方法がいいのかなどをシェアしていただく。そして、インスティテュートのお客様同士で、一緒にモデルさんを頼んで湖畔の撮影をしようという話になったとすれば、「天狼院の承認」を得て、それを実現することができます。また、ポートレート研究所発のイベントとして天狼院の公式イベントになる場合もあります。さらには、そのイベントで撮った写真をスタジオ天狼院のギャラリースペースで、グループ展として発表することも可能です。

インスティテュートは、1つのコマで1つが活動するわけではありません。
たとえば、ポートレート研究所と同時に、他のフォト系のインスティテュートが開催されるということもありえますので、その場合は、研究所同士が交流し合うこともできます。

また、雑誌系のインスティテュートなら、フォト、デザインなどのインスティテュート同士が横のつながりを持って、雑誌を制作していくことになります。
それぞれのインスティテュートに所属されているお客様は、自分のご都合に合わせて、お好きな時間帯に、インスティテュートに参加することができます。

ほとんどのインスティテュートはオンラインでつなぎますので、全国のインスティテュートとつながりますし、また、ご自宅から視聴参加することも可能です。コメントなどを通して、リアルタイムでの参加もできます。

 

では、「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」に所属するためにはどうすればいいのか?

まずは、CLASS天狼院「プラチナクラス」への加入が必須要件となります。
その上で、それぞれのゼミや講座を受講頂ければ、「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」のメンバーとなれます。

たとえば、CLASS天狼院「プラチナクラス」に加入の上、「パーフェクト・ポートレート講座」に加入いただくと、「ポートレート研究所」に参加できるようになります。

それぞれの研究所には「ライブラリー」も常設され、研究所に所属の方なら、そこに資料として書籍を追加することもできますし、その場で閲覧することも可能です。購入したい場合は、購入用の書籍を入荷することもできます。

また、何らかの「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」に所属すると、同時に雑誌『READING LIFE』研究所(編集部)に所属することができます。そのインスティテュートの研究テーマについて、雑誌『READING LIFE』に、研究成果の発表を提言できます。たとえば、「博多美人研究所」なら、常日頃、なぜ、博多には美人が多いのかを研究しているわけですが、その内容を雑誌の特集にするように編集部に提案することができます。ただし、実際に記事を書くライターはライティング・プロフェッショナルゼミを受講している方による「ライティング研究所」が担当することになりますが、編集者として参加することができます。

今、例としてでてきた「博多美人研究所」のように、ゼミや講座によらずに、トピックを対象とした研究所も開設されます。その場合も、CLASS天狼院「プラチナクラス」への加入が必須要件となります。

これから、様々な「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」がオープンしていきます。
たとえば、「博多美人研究所」や「京都研究所」のように、その地域独自のインスティテュートも店舗のオープンに合わせて、開設していきます。スタジオ天狼院をご利用されているお客様は、遠隔にあっても、これらの研究所にインターネットを通して参加することができます。

そうなのです。スタジオ天狼院は、全国にひとつであって、どこからでも参加が可能なのです。ただ、東京や福岡、そして京都に、その入口があるだけなのです。

最後に、大変申し上げにくいお話をしなければなりません。

CLASS天狼院「プラチナクラス」は、店舗のオープンに伴い、席数を増やして参ります。
けれども、すでに、東京、福岡分がほとんど満席の状況です。

スタジオ天狼院オープンにともなう増席分を考えましても、すぐに満席になる可能性がありますので、お早めにお申し込みください。

また、京都天狼院がオープンの際も、CLASS天狼院「プラチナクラス」は増席されますが、近畿地方の方に優先権がありますので、その点、ご注意ください。

天狼院にとっての新しい概念「天狼院の研究所〔インスティテュート〕」によって、天狼院をご利用の皆さまがよりよいリーディング・ライフ、創作活動、研究活動をされることを、天狼院スタッフ一同、心より願っております。

これからも、天狼院書店とスタジオ天狼院をどうぞよろしくお願いします。

〔 CLASS天狼院「プラチナクラス」詳細ページはこちら 〕

【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定〜《詳細・決済ページ》

 

【東京/全国・2月開講】超人気写真家!青山裕企氏の『本当は教えたくない「写真で食べていく」ための全力授業』〜プロ志望の方から自分の写真に他とは違う価値をつけたいカメラ好きの方まで〜《天狼院プレミアム・ゼミ》

【東京/全国・2月開講】超人気写真家!青山裕企氏の『本当は教えたくない「写真で食べていく」ための全力授業』〜プロ志望の方から自分の写真に他とは違う価値をつけたいカメラ好きの方まで〜《天狼院プレミアム・ゼミ》

 

【20名様限定】その人史上最高の1枚を撮る「パーフェクト・ポートレート講座」+月5,000枚本気で撮ろう撮影会パック!《第1期生限定20名様募集/オンライン講座有り》

【20名様限定】その人史上最高の1枚を撮る「パーフェクト・ポートレート講座」+月5,000枚本気で撮ろう撮影会パック!《第1期生限定20名様募集/オンライン講座有り》

 

 

スタジオ天狼院 2016.12.23(祝金)OPEN
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3丁目31−10 4F
TEL:03-6914-3618(東京天狼院)
*ドリームコーヒーの入っているビルの4階です。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


関連記事