fbpx
メディアグランプリ

トイレットペーパー選択時における決断


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

記事:ヤスキアヤ(ライティング・ゼミ)

トイレットペーパー選択時における決断

記事:ヤスキアヤ(ライティングゼミ)

 

12月25日 朝10時のことである。

家から出たら、トイレットペーパーがあった。

ビニール包装されたそれは、玄関に鎮座していた。

古紙100%、シングル1ロール。

 

普段だったら大して気にも留めないだろう。

でも違うのだ、今朝に限っては。

1/366、その確率であらわれたのだから。

 

思い起こせば1週間前。

我が根城のトイレットペーパー在庫が尽きかけていることに気づいた私は、買い物リストにメモをした。

割と切迫する可能性の高い日用品だから、本当に忘れないようにと、念のためにと、毎夕18時に携帯でアラームまでかけていたのにも関わらず。

今週、1週間、完全に買い忘れ続けていたのである。

 

そして昨日、12月24日 朝。運命のときは訪れる。

ついにトイレットペーパーが失われた。

15cmたりとて残らなかった。

 

ああ。

これは。

買わねばなるまい。

 

この7日間を振り返っても私は腑抜けであった。

確かに忘年会シーズンで日々飲み会だったとは言え、自分の生活の必需品である。

最寄り駅の改札を出た時に思い出し、24時間営業のご近所スーパーにいく。家でトイレの扉を開けた瞬間に思い出し、ご近所のコンビニエンスストアに走る。そういったことをすべき、日用品である。

少なくとも、今のわたしの生活における、トイレットペーパーの日常性というのは。

しかしながらそんな存在を適当に扱い、あまつさえ切らせてしまったなんて。毎日を雑に生きているのと同義である。

 

ひとしきり自分の雑な生き方を反省し、今宵こそは。

買って帰らねばならぬ。肚に誓う。

 

あえなくその覚悟は崩れ去る。

12月24日の夜も、私はトイレットペーパーを持たずに帰宅した。

更には、別に今も明日の朝も切羽詰まることはあるまい、起きたら買いに行こうとベッドに潜り、ツイッターで「サンタさん、トイレットペーパーください」と呟いて、眠りについたのだ。

 

そんなこんなでの、なうである。今である。

純粋さ全開の私はサンタさんありがとう! 以外に言葉が浮かばない。

 

ただしかし、これを持って家に戻るわけにはいかない。

何故なら、今、この扉を開けたのがまさにトイレットペーパーを買うためだったのだから……!

置かれていた懐紙の上にそっとトイレットペーパーを戻し、私はご近所スーパーへ向かった。

 

そもそも、これほどまでに買い忘れてしまうというのは何なのだろう。

ここのところ毎夜忘年会で直帰していないのは間違いない。

かさばるものを忘年会前に買っていく気にならないのだ。

だからといって1ロールだけ買って帰るのも馬鹿馬鹿しいし、そもそも何ロールだって帰途1時間の道程中ずっともって歩きたくないのは人情じゃないか。

……あぁ、でも。

 

スーパーの自動扉が開き、日用品コーナーへ向かう。

 

自分は、紙を取り扱う物流の部署にいるから、製紙会社からお中元やお歳暮でトイレットペーパーをもらうこともある。

もらった時は、至極当たり前に会社から家まで持ち帰っているのだ。

外的要因があるのだとはいえ、持って歩きたくないのは人情、なんて言い訳でしかない。

 

ということは。

何処かでどうにかなるのではないかと思っているのではないか。

思い出した時にやればいいやと思っている、どこか今以って他力本願でいる自分がいるのではないだろうか。

 

陳列棚にずらりと並んだトイレットペーパー。

上下段に渡って一区画、様々な製紙メーカーが作る色とりどり、香りも値段もそれぞれの商品が並ぶ。

いつも使っているものを探し、改めてその商品棚を眺めながら歩く。

あ、あった。色付き、ダブル、12ロール。そういえば、なんで私これ使うことにしたのだったか。思い出せない。

 

いつものものを、無意識に選択する、というのは結構にリスキーなことではないか。

終わることは、一つの区切り。区切れた時点で自分の意識を一度そこに向かわせなければ、ただ何かしれないものに囲まれてしまう。

たかが日用品で、消耗品ではあるけれども、

「買いに行った日に一番安いもの」

「俄然、花柄、香りつき!」

「目に入った2番めのもの」

むしろ、価値基準がないことだって価値基準で。なんだっていい、自分が行動を起こすときに何かの意識、価値基準を持つべきではないか。

自分の行動に対して、何の裏付けもなくなってしまった時、それはただの受け身でしかない。

 

天狼院でライティングゼミを受けることも一つだ。自分が進むためのきっかけを過去の自分から渡されている。

過去の自分が申込んだから、今の自分は2週に1度ゼミに行くという無意識になってしまった時、それはただの受け身でしかない。

自分が進む、動く、変わるためのきっかけを手に入れに行く。そのことを忘れてしまったら意味がなくなってしまうのだ。

 

家にたどり着くと、玄関口にあったトイレットペーパーは跡形もなかった。

今日選んだ「ダブル12ロール、レモンの香りつき」はわたしの手の中。大丈夫だ。

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講申込みページ/東京・福岡・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・全国通信対応】《日曜コース》

【11月開講】未来を変えるマーケティング教室「天狼院マーケティング・ゼミ」開講!「通信販売」も「集客」も「自社メディア構築」も「PR」も、たったひとつの法則「ABCユニット」で極める!《全国通信受講対応》

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618
FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】


2017-01-04 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事