メディアグランプリ

ライティング・ゼミで無くしていたものを見つけました、というお話


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

記事:ときね(ライティング・ゼミ日曜コース)

「なんとか、なんとか、完走はした、ぞ……」
ライティング・ゼミの12月コースの最終講義が終わった。
この4か月は、私にとって怒涛だった。

どうしてこんなに怒涛になってしまったのかというと、話は2年前、25歳の時に遡る。

25歳。私は長年憧れていた世界に就職した。その世界に就職することが、夢であり目標であり、なんとしても叶えたく、自分のバイタリティーの源であった。
就職してからも、懸命に働いた。
寝るか仕事かといった生活をしていたら、体調を崩してしまった。
気づけば、体力も気力も尽き果てていた。
憧れていた世界への無力さも感じた。
趣味でもあった分野だったが、体調を崩してからはものすごく気持ちが冷めた。

なんとなく新しい自分になりたくて、ブログを始めた。
最初の記事は、無気力と無感動への嘆きだった。
すぐに書かなくなった。

憧れた世界を離れた私は、異業種に転職した。
人や環境に恵まれ、比較的穏やかに過ごしていた。
はっきりした夢や目標は無かったけれど、毎日楽しく過ごせてはいた。しかし。

「なんだか、私らしくないんだよな……」
夢や目標を持てない自分に感じる物足りなさは消えなかった。バイタリティーの源は失ったままだ。

27歳が近づいてきたことは、ちょっとした転機だった。

「27歳」に私は学生時代からなんだか妙に憧れていた。
大卒で社会に出て、社会人5年目の27歳。
仕事はてきぱき、プライベートも自立していて、外見も中身も、大人。
クールビューティーなキャリアウーマンのイメージだろうか。
そもそも「7」という数字がスタイリッシュでかっこいいし。
大学時代に惚れこんだアーティストが当時27歳だったとか。
なんだかとにかく私の中の27歳はとてもキラキラしていた。

でも、現実は。
憧れの27歳の姿には、まったくなれていなかった。

仕事は異業種への転職1年目。てきぱきどころか、わからないことがどっさり。
外見もちっとも年相応には見られない。
何の予定もない3連休もあった。空しく過ごした。
気づけば周りが結婚ラッシュ。親からのプレッシャーも感じるようになってきた。

「これじゃ、ダメだ」

何か始めよう、と思った。
とは言っても、夢や目標が無いのは相変わらずで、とりあえず興味のあること、やりたいこと、取り入れたいことを自分で挙げて、その全部に関して行動を始めることにした。
思い立ったが吉日。後回しにすると、後回しにしたことがいつまでも気になりそうで、欲張ってみることにした。

始めたことは主に3つ。ライティング・ゼミと、仕事の資格取得のための勉強、婚活だ。

こうして、私の休日のスケジュールは12月からかなり変化した。
土日どちらかはライティング・ゼミの課題と戦う時間。日曜日は隔週でゼミもある。
ゼミの最初のうちは資格の勉強の時間を確保できず、資格の勉強を追いこんたのは正月の実家での帰省の時だった。こたつに入り、家族と話しながら、問題集を解きながら。

始めた3つのことは、それぞれある程度の成果と、反省点を私に気づかせた。
まず成果。
ライティング・ゼミは本当に学ぶことが多かった。毎週書くために机に向かうことができたのも大きな収穫だ。書くことによる効能もたくさん感じることができた。

1月にあった資格の試験はなんとか合格し、ひとつ上の級に向け勉強を始めている。

婚活も2度ほど行った。
婚活の前に、過去の恋愛を分析し、婚活について考えるカウンセリングを受けたのだが、これがとても良かった。男性と話すことも予想外に楽しかった。また、家にこもって勉強や書き物ばかりしていた休日が多かったので、定期的に身綺麗にして出かけるイベントは大切だと思った。

反省点は、すべてに共通する。私のスタミナ切れだ。
仕事が多忙だったせいもあり、終盤私は完全にスタミナが切れていた。
3回も書きかけでゼミ課題を提出しそびれてしまったし、ひとつ上の級の勉強はあんまり進んでいない。
婚活で連絡先を交換した人にも全然連絡できていない。婚活を通じて、結婚について意識して考えた結果、相手がどうこうよりも、自分の中に結婚への大きなハードルがあることにも気づいてしまった。

全部同時にやってみて、後悔はないが、どれもまずまずな結果になってしまっている。
これから、より大きい成果を得るために、目標を立てなければ。

「あっ!」

夢や目標を持てなかった私が、目指すものを見つけた瞬間だった。
新たなバイタリティーの源で、自分らしさを取り戻した気がした。

ライティング・ゼミには「人生を変える」という冠がついている。
「人生を変える」は、受講を決める時に、興味を惹かれるポイントではなかった。
でも、このゼミを受講して、他にもいろいろ欲張ったら、人生を変えるかもしれない扉の前くらいには到達したのかもしれない。

まずは、来月に控える資格の試験の合格を目標に、勉強を重点的に行おう。
婚活は、当面おやすみします。お母さんあんまりプレッシャーかけないでね。

そして、書くことに関しては。

「これで、よし」
新しい自分になりたくて始めたくせに、更新していなかったブログにログインした。
過去の記事を非公開設定にし、タイトルとレイアウトを変更する。
これからはゼミでの学びを実践する場所にしよう。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-04-05 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事