fbpx
メディアグランプリ

天狼院メディアグランプリ〔TENRO-IN GRAND PRIX〕20thシーズン開幕!(2018.2.19〜2018.4.15)


つい先ほどまで、私は感動の涙を流していました。
どうして、どうしてこんなに心揺さぶられる文章が書けるんだ。

いつもありがとうございます。
初めはお客として、そして今はインターン生、スタッフとして文章を書かせていただいております。
スタッフ田中(望)です。

毎日、いろんなことが起こります。怒涛の毎日を過ごしている人もいれば、平凡で穏やかな日々を送る人もいる。誰もが、泣いたり笑ったり、驚いたり退屈したり、いろんな感情を抱えながら生きています。

でも、大人になればなるほど、感情が鈍ってくることに気がつきます。当然のことだと思います。理性をある程度保っていかなければ、社会で生きていくのが大変だからです。子供の頃は、先生に怒られて泣いたり、友達と喧嘩になって怒鳴ったり、ちょっとしたお父さんのギャグで、息ができないくらい笑っていたのに、社会に出ると、同じことの繰り返しである毎日に嫌気がさし、何となく不安になったり、無気力になってしまうことがあります。刺激のない平凡な毎日では、当然のごとく感情の動きもありません。

歳を重ねるって、大変だなって思います。自由にできるけれど、それに伴って大きな責任ものしかかってくるからです。やっぱり、大人って心も体も疲れやすい。

そう感じていた私の心を、新鮮な気持ちへと浄化してくれたのが、とある作家さんの本でした。物語を書く彼女の文章であり、言葉でした。彼女の言葉は、とてつもなく澄んでいて、繊細で、一気に私を素晴らしい世界へ引き込みます。

物語のクライマックスで、私はボロボロと涙していました。目からこぼれ落ちる大粒の涙。私はとても幸せな気持ちになりました。良かった、素晴らしいものに心動かされる感情を忘れてなかったんだ、と。

時には、何にも心が動かないことだってあるかもしれません。どうしても、固まってしまった心を解放できない状況に陥ってしまうこともあるかもしれません。でも、不思議なことですが、ふとした瞬間に私たちは出会ってしまうのです。自分の中の全てを変えてしまうような、そんな言葉に。

あなたにもそんな経験、ありませんか? それは、人の言葉であったり、映画であったり、音楽であったりします。
そんな愛を感じる瞬間に出会った時、人は自分もそうありたいと思えるのだと思います。

ここで一つ問題が生じます。
どうやったらそうなれるのでしょうか?
自分の人生に素敵な贈り物をくれた彼女のように、少しでもいいから私も誰かに素敵な影響を与えられる人になりたい。
果たしてどうすれば?

考えて考えて……でも、私の中には一択の答えしか出てきませんでした。

それが、「書く」ということです。プロのライターや作家だけが文章を書くわけではありません。全ての人が書いているし、書いていいんです。自分の想いを多くの人に伝える権利を持っています。そして、それがこの天狼院書店では行われています。実際にその文章を読んだ人が元気をもらった、励みになったという話を耳にします。

何のために書くのでしょう?
書いたらどうなるのでしょう?

書くことに虜になり、3年ほどこの場所で書き続けてきた今の私が言えることは、自分の本当の気持ちを深く掘りだし、文章として形にすれば、きっと人生の歯車がいい方向へ動き出すということです。書くということは、少なからずどこかの誰かに影響を与えるということなのですから。どんなに素晴らしいことを思っていても、それを相手に伝わる形にできなければ、この社会には存在しないことと同じなのです。当たり前だけれど、そうなのです。

そうだとしたら、どうしたら自分は書くことができる人だと言えるの?

それが分かるのは、簡単なことです。
メディアグランプリでチャンピオンに輝けば、いい! それだけです。受講者数約300人の書き手の中で、1番に輝く。それが自信につながり、書くことが楽しくなり、もっといい文章が書けるようになる。こんなに素晴らしい循環、その辺にあるのでしょうか?

今、既に面白い記事を書く同志がたくさんいます。みんなみんな同じ気持ちで書いています。怖いですね~、でも同時にわくわくもしますね~!! っしゃ! 私も書くぞ~!!

さあ、キリが良くておめでたい!
天狼院メディアグランプリ〔TENRO-IN GRAND PRIX〕20thシーズンの開幕です!!

【メディアグランプリとは】
天狼院メディアグランプリ〔TENRO-IN GRAND PRIX〕は、簡単にいうと記事のF1です。
元々F1が大好きな店主の三浦がF1のように熱い戦いを天狼院でも繰り広げられないかと考え、車のレースの代わりに、文章を書いて競わせることにしました。
F1では何カ国も回ってレースを行いますが、メディアグランプリでは期間を区切って戦います。
毎週、Web天狼院(天狼院のHP)にアップされた記事の、アクセス数を競いランキングに応じてポイントが付与され、その総合ポイントでチャンピオンを決めるのです。

20thシーズンの各レースの日程は以下の通りです。

第1戦 2/19~2/25
第2戦 2/26~3/4
第3戦 3/5~3/11
第4戦 3/12~3/18
第5戦 3/19~3/25
第6戦 3/26~4/1
第7戦 4/2~4/8
第8戦 4/9~4/15

1週間毎に、記事のPV数(Page View points,閲覧数)を集計し、上位8位までが各レースの入賞者となり、ポイントが加算されます。
そして、8週間を通じての獲得ポイントの合計が各エントリードライバーの持ち点となり、
最終戦が終わった時点で最もポイントが多いドライバーがチャンピオンとなります。

ランキング毎のポイントは以下の通りです。

1位 10ポイント
2位 8ポイント
3位 6ポイント
4位 5ポイント
5位 4ポイント
6位 3ポイント
7位 2ポイント
8位 1ポイント

また、レースを面白くするためのこんな制度もございます。
・店主セレクト……お客様の記事から店主が記事を選びます。
・編集部セレクト……お客様の記事から編集部が記事を選びます。
・選ばれた記事のiMedia「天狼院のオウンドメディア」および天狼院書店公式SNSでの拡散

ライティング・ゼミ(※)を受講しているお客様には週に一回、記事を投稿するチャレンジ権がございます。ただし、編集部の判断で「任意かつ一方的」に、投稿をお断りすることがございます。

(※)→【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《2/28までの早期特典有り!》

【3月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《ライトコース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?

【3月開講/東京・福岡・通信/入試受付ページ】本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」入試要項発表!大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース、第7期メンバー募集受付開始!

「聞いて書く」力を身につける天狼院「取材ライティング・ゼミ」〜ビジネス書編集者がプロの技を伝授!本質を見抜き、表現する力を徹底的に磨く3ヶ月〜《東京・福岡・京都・全国通信》

「【3/3(土)】なぜ天狼院の「マーケティング・ライティング」は販売や集客などに絶大な効果をあらわすのか?「天狼院マーケティング・ライティング」特別講義!《マーケティング・ゼミ・オープン講座/東京・京都・福岡・全国通信対応》

『天狼院書塾』入塾生募集開始!「人生を変えるライティング・ゼミ」卒業生のためのライティング塾!〜人生を前に進め続けるために〜

【チャンピオンの方への豪華特典】

スタッフ、お客様、著者・出版社の各カテゴリーで総合3位以内に入った方にも特典をご用意いたします。

「お客様の部」の特典
カテゴリー総合1位 「コーヒーチケット11枚綴り」(売価3,200円)
カテゴリー総合2位 「天狼院オリジナルトートバッグ」(売価1,500円)
カテゴリー総合3位 「プレミアムカード」3枚
*ただし、掲載記事数3記事以上獲得ポイントが5ポイント以上がランキング獲得条件

「著者・出版社の部」の特典
カテゴリー総合1位 1日店長になる権利
カテゴリー総合2位 天狼院BOX(メゾン・ド・天狼院)の使用権1ヶ月
カテゴリー総合3位 「プレミアムカード」3枚
*ただし、獲得ポイントが5ポイント以上がランキング獲得条件
*1日店長は3時間ほど

著者の方、出版社の方におかれましては、1日店長の権利をぜひ獲得頂ければと思います。
また、カテゴリー総合1位になるくらいの記事を書かれる著者、編集者が作った本ならば、きっと面白い本に仕上がると思いますので、お客様もこの作品にはご期待くださいませ。

「チーム天狼院の部」の特典
*順位に応じて当社規定のボーナスが支給されます。

スタッフと天狼院の部活の顧問の先生で構成する「チーム天狼院」の部門。
天狼院のスタッフは基本的にグランプリに参戦することになります。
先生方も、ぜひ、参戦頂ければと思います。

【天狼院メディアグランプリの参加資格】
「お客様の部」
「天狼院ライティング・ゼミ」の受講者
「天狼院ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」の受講生
「天狼院ライティング・ゼミ ライトコース」の受講生
「天狼院ライティング・ゼミ 特別講義」の受講生
「天狼院ライティング・ゼミ 書塾」の受講生

*天狼院ライティング・ゼミについて、詳しくはこちら ↓

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

*天狼院ライティング・ゼミ プロフェッショナルコースについて、詳しくはこちら ↓

【3月開講/東京・福岡・通信/入試受付ページ】本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」入試要項発表!大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース、第7期メンバー募集受付開始!

*天狼院ライティング・ゼミ ライトコースについて、詳しくはこちら ↓
http://tenro-in.com/writingseminarlight

*天狼院ライティング・ゼミ 特別講義について、詳しくはこちら ↓

スピードライティング・ゼミ

【2/28(水)】5,000字を最速40分でコンテンツに仕上げる「スピード・ライティング」特別講義開講!《ライティング・ゼミ・オープン講座/東京・京都・福岡・通信》

取材ライティング・ゼミ

「聞いて書く」力を身につける天狼院「取材ライティング・ゼミ」〜ビジネス書編集者がプロの技を伝授!本質を見抜き、表現する力を徹底的に磨く3ヶ月〜《東京・福岡・京都・全国通信》

マーケティング・ゼミ

【3/3(土)】なぜ天狼院の「マーケティング・ライティング」は販売や集客などに絶大な効果をあらわすのか?「天狼院マーケティング・ライティング」特別講義!《マーケティング・ゼミ・オープン講座/東京・京都・福岡・全国通信対応》

「著者・出版社の部」
お気軽に三浦にご相談ください。

「チーム天狼院」
スタッフは基本的に全員参加です。部活の顧問の先生もぜひ参加ください。マネージャーが対応します。

【投稿方法】
①2,000字程度の記事をワードファイルでご用意ください。
②使用しても構わない画像を1枚ご用意ください。ご自身で撮った写真か、著作権フリーの画像でお願いします。
③天狼院ライティング・ゼミのグループにそのまま上げてください。ワードファイルと画像(800×600以上のサイズのもの)のご準備もお願い致します。
*ゼミ生以外のグランプリチャレンジはお断りしております。参戦したいという方はライティング・ゼミにご参加ください。

【注意】
・編集部判断で「任意かつ一方的」に、掲載を見送らせて頂くことがございます。
・ランキングにカウントされる記事は、その期間内(例えば第1戦なら2/26~3/4)に投稿された記事に限ります。

***

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《2/28までの早期特典有り!》

【3月開講/東京・福岡・通信/入試受付ページ】本気でプロを目指す「ライティング・ゼミ プロフェッショナルコース」入試要項発表!大人気「ライティング・ゼミ」の上級コース、第7期メンバー募集受付開始!

【2/28(水)】5,000字を最速40分でコンテンツに仕上げる「スピード・ライティング」特別講義開講!《ライティング・ゼミ・オープン講座/東京・京都・福岡・通信》

「聞いて書く」力を身につける天狼院「取材ライティング・ゼミ」〜ビジネス書編集者がプロの技を伝授!本質を見抜き、表現する力を徹底的に磨く3ヶ月〜《東京・福岡・京都・全国通信》

「【3/3(土)】なぜ天狼院の「マーケティング・ライティング」は販売や集客などに絶大な効果をあらわすのか?「天狼院マーケティング・ライティング」特別講義!《マーケティング・ゼミ・オープン講座/東京・京都・福岡・全国通信対応》

『天狼院書塾』入塾生募集開始!「人生を変えるライティング・ゼミ」卒業生のためのライティング塾!〜人生を前に進め続けるために〜

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618 FAX:03-6914-3619

東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805
京都府京都市東山区博多町112-5

TEL 075-708-3930 FAX 075-708-3931

天狼院書店 池袋駅前店
・TEL:03−6812−1984
・営業時間:11:00〜21:00
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−8−1WACCA池袋2階 天狼院書店 池袋駅前店

【天狼院書店へのお問い合わせ】

東京天狼院:03-6914-3618
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

2018-02-28 | Posted in メディアグランプリ

関連記事