fbpx
メディアグランプリ

チヤホヤされるDJになるためには

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:富山幸代(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
「DJとは……音楽を交互にかけて、チヤホヤされる人のことだ」
 
上記は、DJ仲間のムラマツヒロキ氏が描いている、漫画『DJ道』の名ゼリフである。
 
さて、私はコミュニティFMで、ラジオパーソナリティ・レポーターを職業としている。
小さい局なので、ワンマン放送と言って、番組構成とディレクション、ミキサーの操作や選曲、メールやFAXの紹介などを、すべて一人で担当するスタイルを取っているのだが、中でも音楽リクエスト番組を担当していた時が一番楽しかった。
元々私自身がレコードのコレクターだったこともあり、好きが高じて立場を利用し、ディスクジョッキーの役割として、曲を通してリスナーと会話のやりとりをしていた。
 
ある日、地元のバーで飲んでいた時、マスターから「レコードを持ってるなら、うちでDJやってみない?」と声を掛けられた。
局のミキサーの操作はお手の物だが、DJのミキサーやターンテーブルは触ったことがなく、一瞬不安に駆られたが一つ返事でOKした。
理由はもちろん、「チヤホヤされたかった」からである。
 
緊張しながら会場に向かった、DJ初日。
ラジオのDJの技術はあるが、交互にターンテーブルを操作するDJの技術はまったくないため、試行錯誤の上、曲のつなぎの時に、曲紹介や時代背景などを喋ってごまかすスタイルを取っていたら、そのプレイが珍しかったらしく、会場にいたお客様やDJ達から、あれよあれよと「ラジオを聞いているみたい!」「面白いね!」「良かったよ!」「ずるい!」などと声を掛けられた。
なんと、いきなり「チヤホヤされた」のである。
 
私としては、人生最初で最後のDJのつもりだったのが、他のDJから「うちの箱(※)でやりませんか?」とスカウトされ……
この日がきっかけで、調子に乗ったまま、私のDJ道がスタートすることになったのだ。
(※箱=DJイベントを行う会場や、DJバーのこと)
 
以後今では、私がプレイする度に、その場にいたお客様や、一緒にDJイベントに参加するDJ達が面白がってくれて、別の箱に誘われることが多くなり、浅草、渋谷、恵比寿、下北沢、高円寺、町田、大宮など、様々な土地と様々なイベントを渡り歩き、気づくと週1回はどこかでターンテーブルを回す日々を送っている。
 
ところで、DJ道をスタートして半年ほど経ち、チヤホヤされることに慣れてきた頃、ある事件が起こった。
 
その日は、とある老舗の箱で回すことになった。
私よりも十は歳の離れているベテランDJの次に担当することが決まっていた。
 
店や出演者に一通り挨拶や自己紹介をしたあと、緊張のあまりお酒が進み、だんだん調子に乗ってきて、その上会場のお客様と会話が盛り上がりすぎてしまい、DJ交代の時間に間に合わなくなってしまったのだ。
 
ベテランDJが何とか曲を繋げてくれたものの、DJブース内で「馬鹿野郎!」と丸々一曲分、ずっと説教をされた。
それが怖くて怖くて、涙でいっぱいになった目ではレコードの針も上手く落とせず、その日のDJは散々な結果に終わった。
 
ここで気づいた。
今まで出会ったDJ達は、とても優しかったのだと。
機材の事がわからなかったり、音のレベルが合わなかったりしても、飛んで助けに来てくれた。
それが当たり前だと思っていた。
今までの私は、なんて愚かだったんだろう。
 
この日を境に、チヤホヤされるためには、練習して技術をもっと上げなければならないし、今まで以上に気を配らなくてはならないし、DJ達が優しくしてくれた分、しっかりお返しをしていこうと決心した。
 
それからの私は、まず、人との関わり方から見直した。
 
基本的な挨拶から始まり、会場にも最初から最後までいるようにする。
仕事でどうしても入り時間に遅れるときは、前もって連絡とお詫びの言葉を添える。
DJ交代の時も時間通りに交代するために、5分前にはブース近くで待機し、時間的に余裕を持たせ、次のDJにも「あと2曲で交代お願いします」と声を掛けるようになった。
ちなみに、前のDJが時間を押しても文句は言わないし、会場が盛り上がっていたらそれでよいと思っている。
 
また、機材回りも次のDJが使用しやすいように、ミキサー内にある音量調整つまみや、ターンテーブル内のピッチコントローラー(曲のテンポを変えるもの)を、正常値に戻し、引き渡している。
トラブルが起ったら皆で助け合うし、DJ仲間やお客様の対話も楽しむことも大事!
 
結局、DJも他の仕事も「関係性」が非常に重要で、そこさえ大事にしていれば「チヤホヤされる」、つまり、誰からも愛されるDJ、あるいは人、になれるのではないかと思っている。
 
DJで学んだことは、人として基本的なスタンスであり、持続していくには、日々筋トレのような努力が必要なのである。
 
 
※参考文献
ムラマツヒロキ『DJ道』(秋田書店)
 
***
 
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 
http://tenro-in.com/zemi/103447
 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-02-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事