fbpx
チーム天狼院

私たちはみんな、「なりたい自分」のコスプレをして生きている《川代ノート》


「仕事がめちゃくちゃできる人」のコスプレをするために、スーツを着ることにした。
スーツなんか死んでも着たくないと思っていたのに、むしろビジネスっぽさを気にせず自分が好きな服を着られる点にもかなり惹かれて天狼院に来たところもあるというのに、まさかスーツを着ないと落ち着かないと思うような日が来るとは思わなかった。天狼院に転職してから約2年。これまでは毎日自分の好きな服を着ていたし、ビジネスシーンなどはあまり意識していなかった。髪型も自分がそのときしたい色、したい長さにしていた。ブリーチして金髪にしたこともあった。これからもきっとそうやって働いていくのだろうなと思っていた。

私はもともとあんまりかしこまった服が好きではなく、全体的にゆるっとしたシルエットの服が多かった。上はゆるっとしたセーター、下もゆるっとしたズボンかロングスカート、みたいな。自分の体型に自信がないからあんまりスタイルを強調したくないというのもあるが、何かに縛られているような感覚の服を着たくなかったのだ。

そう思っていたのに、スーツを着ることにしたのは、ライティング・ゼミの講師をすることになったからだった。講師として登壇するなら、さすがにトレーナーにデニムじゃまずかろう。別に講師のファッションが変わったからといって講義の内容が変わるわけではないが、もしも私ならトレーナーを着て登壇している人の話はあんまり聞きたくないなと思った。そこまで気にするほどのことではないかもしれないけれど。

そんなわけで、実家に連絡をして急遽スーツを送ってもらうことにしたのだ。スーツを着るのなんて新卒で入社した会社以来だった。しかも前の会社もわりとカジュアルな服装が許される環境だったので、私は結構好きな格好をしていた。

ジャケットの袖に腕を通したとき、最初は「うわ、嫌だなあ」と思った。スーツなんて堅苦しいもの、本当に嫌だ。落ち着かない。自分らしくない感じがする。もっと何にも束縛されない状態に身を置きたい。

とはいえ、いくら嫌でも自分らしくなくても、私服で登壇する勇気は私にはなかったので、久しぶりにジャケットを羽織り、久しぶりにスニーカーではなくパンプスを履き、私は出勤した。

「え!? スーツ!? なんで!?」

はじめにスーツを着て行ったときの周りの反応はこうだった。当然だ。ずっとゆるゆるカジュアルど直球みたいな服装をしていた人間がいきなりスーツを着てきたのだから。上司の三浦さんにいたっては大爆笑していた。何してんの!? ちゃんとした服着てる! ウケる! と、笑われてしまった。逆にそれほどちゃんとした服を着たイメージが自分になかったのか、と驚いた。

そんなこんなで天狼院初のスーツ出勤が終わったのだが、家に帰ってあらためてスーツの自分を見ると、なんか、悪くないかも、と思った。思っていたより「着られている感」もないし、今までの自分のイメージとはまるで違うけれど、こういうのもアリかなと思った。次の日、私はクローゼットの前で悩んでいた。いつものデニムか、スーツか。どちらを着るべきか。別にその日、自分が担当している講座はないので必ずしもスーツを着る必要はない。自分が好きな服を着ていいのだ。

でも、迷った結果、結局ジャケットを羽織ることにした。ジャケット着た方が仕事モードになりそう。やる気出そう。ただそれだけの理由だったが、2日も着てみると、もうスーツを着ないと落ち着かなくなってしまった。ジャケットが私にとって、なんらかの「やる気スイッチ」になったのかもしれなかった。

スーツを着るのに合わせて、髪型もメイクも変えた。重めのボブが好きだったけれど、それだと子供っぽく見えるので前下がりのボブにした。ずっと好きだった赤いリップを変え、生まれて初めてベージュのリップを買った。口紅はビビットな色にするのが好きだった私には考えられないことだった。ベージュなんておばさんくさい感じがして絶対に嫌、とすら思っていた。でもつけてみると案外しっくりきた。あ、ベージュもありなんだ、と思った。

それからというもの、もう1ヶ月以上は、スーツ生活である。少なくともジャケットは絶対に羽織るようにしている。なんだかジャケットを脱ぐと仕事モードから抜け出してしまうような気がして、この間は休みの日にもスーツを着てしまった。

で、今日またあらためてクローゼットを見直してみた。今日はとくにイベントの予定も、誰かに会う予定もない。久しぶりにカジュアルな服にしようと、お気に入りだったスウェットを1ヶ月ぶりに着た。さあ出かけようと鏡の前に立った。

……なんか、しっくりこない。
首から上と首から下が上手くハマっていなくてちぐはぐな感じがした。どうしてだろう、これ、一時期毎日のように着てたのに。プリントされているイラストが好きで、よく着ていたのだ。でも冷静に見て、この服じたいは好きだけれど、この服を着ている自分はあんまり好きじゃないなと思った。なんか、かっこよくない。

そう思って結局、ジャケットは着ないまでも、それなりにきちんとした服を着て家を出た。そのほうがしっくりきたからだ。

なんか、今までじゃ、考えられないことだな、と思った。
あるいは、自分の生き方や考え方が変わってきているから、服装に反映されてきているのかもしれない。

学生の頃までは、自分の「好き」を追求することに必死だった。自分が何を好み、何を楽しいと思い、これからどんな人生を歩んでいきたいのかがわからなかった。だから、日々模索していた。その迷いが見た目にも反映されていたのだと思う。色々な雑誌を読んだ。arを読み、Cancamを読み、MOREを読み、SEDAを読んだ。リップの色も変えた。赤にしたり、ピンクにしたり、オレンジにしたりした。つけまつげをつけたり、マスカラを塗ったり、マツエクをつけたりした。そうして様々な自分になってみて、どんな自分が一番しっくりくるのかを日々、迷いながら探していた。

私たちはみんな、「なりたい自分」のコスプレをして生きているのだと思う。キラキラしているOLになりたい。仕事をバリバリやるキャリアウーマンになりたい。自由に働くクリエイターになりたい。

頭の中には「こうなりたい」と思い描くイメージがあって、それが固まらないうちは、色々試しながら自分の「こうなりたい」を作っていく。

私たちが日々、ファッションとかメイクとか髪型とか、そういう見た目を工夫するのは、コスプレしているのと同じなんだと思う。コスプレする対象がアニメのキャラクターとかじゃないだけで、きっとみんな、「理想の自分」のコスプレをしている。そして、うまくコスプレができないと凹む。あー今日は誰にも会いたくないなぁとか思う。

私がスーツを着てすごくしっくりくるようになったのは、あるいは、私がコスプレしたいイメージが固まってきたからなのかもしれなかった。「こうなりたい」というビジョンがはっきりしてきて、めざす目標が定まってきて、ぶれることが前より、少なくなってきた。自分が好きなものを追及するよりも、自分と会う人をどんな気持ちにさせるだろうとか、どんな印象を与えるだろうとか、そんなことを重視するようになってきたのだと思う。

ファッションやメイクや髪型は、自分の「好き」を追い求めるのが一番いいのだと、というよりも、それが当然とすら思っていたけれど、案外「好き」が薄れていくのは、良いことなのかもしれないと思った。
自分の「好き」よりも、相手をどんな気持ちにさせられるかとか、楽しませられるかとか、「相手」に主体が置かれるようになってきたのは、今までの私の人生には、なかったことだから。

とてもわがままで自分のことでいっぱいいっぱいだった私が少しずつ、本当に少しずつだけれど、周りにも目を向けられるようになってきたのかもしれない。

スーツもジャケットも、ベージュの口紅も、相変わらず、全然好みではないけれど。
でもそれでも、ジャケットを羽織るとしゃんと背筋が伸びる、すごく単純なやる気スイッチを持っている私自身は、悪くないな、結構好きかもしれないなと、そう思った。

 

 

 

 

 

*この記事は、人生を変える「ライティング・ゼミ《ライトコース》」講師でもあるライターの川代が書いたものです。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになると、一般の方でも記事を寄稿していただき、編集部のOKが出ればWEB天狼院書店の記事として掲載することができます。

【3月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《ライトコース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?

 

❏ライタープロフィール
川代紗生(Kawashiro Saki)
東京都生まれ。早稲田大学卒。
天狼院書店 池袋駅前店店長。ライター。雑誌『READING LIFE』副編集長。WEB記事「国際教養学部という階級社会で生きるということ」をはじめ、大学時代からWEB天狼院書店で連載中のブログ「川代ノート」が人気を得る。天狼院書店スタッフとして働く傍ら、ブックライター・WEBライターとしても活動中。
メディア出演:雑誌『Hanako』/雑誌『日経おとなのOFF』/2017年1月、福岡天狼院店長時代にNHK Eテレ『人生デザインU-29』に、「書店店長・ライター」の主人公として出演。
川代ノートは月〜金の22時更新!

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「池袋駅前店」
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 2F
営業時間:11:00〜21:00
電話:03−6812−1984
*「WACCA池袋」の2Fです。WACCA池袋へのアクセス

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



 


2018-03-01 | Posted in チーム天狼院, 川代ノート, 記事

関連記事