チーム天狼院

優しくて残酷で、かわいい。「今日マチ子」おすすめ作品を、京都の書店員が本気で選んでみた。≪リーディング・ハイ≫


突然ですがあなた、今日マチ子さんをご存知ですか。

この絵、ほら、見たことあるでしょうっ……!(って手前味噌な表紙ですみません。素敵すぎますよね、イラスト)
かわいくて目についてしまうこちらのイラストの作者さんは、今日マチ子さん。

漫画家さんで、イラストも沢山描いてらっしゃる方なんですけど。
私は、この方の、漫画が、だいすき……!!!
かわいいのに、かわいいだけじゃない。もっとみんなに知ってほしい漫画たちなんです。

というわけでっ、私的今日マチ子おすすめ本リストを作ってみようかと思います!

この方の漫画、ほんとに最高なんですよ。
今日マチ子さんの描く世界はやさしいのに残酷で、だけどその残酷さがちゃんとやさしいんだよっ。

 

***

①『Anone』(上・下)
これ私すっごい好き……。アンネ・フランクがモチーフの女の子「花子」と、アドルフ・ヒトラーがモチーフの男の子「太郎」が、夢か現かわからない場所で出会ってしまう。ある種の演劇舞台を見ているかのような空気感。「歴史」という物語ではすくいきれないものをすくってくれるから、私はこの物語が、だいすき。

 

②『吉野北高校図書委員会』1.2
今日マチ子さんが漫画化してるんですけれど、私がそもそも今日マチ子さんのことを知ったのはこの原作小説だったんですよね(今日マチ子さんが表紙の絵を描いていたんです)。徳島県の図書委員会が舞台なんですけど、なんだかすっごく「ああ田舎の高校生ってほんとにこういうテンションだよね」って思えるくらい、等身大に丁寧にキャラが描かれていて、すごくいい小説なんです。今日マチ子さんの絵もとても合ってて、漫画も最高なので、ぜひ! とくに田舎出身の人に読んでほしいなぁ。

 

③『COCOON』
今日マチ子さんの漫画といえばこちら! と言うくらい、有名な作品。ひめゆり学徒隊をモデルにした戦時中の少女たちを描いた漫画……なのですが、ほんとうに、今日マチ子というひとは「少女」を描くとこれ以上ない作品を生む人なんですよねぇ。今日マチ子の手にかかると、少女の触感がわかるんですよ。もちろん絵は触れないんですけど、なんか触れるんです(危ないこと言い出しましたね)。戦争の話として読んでもいいけれど、どこにでもいる「少女」の話として私は読みたいな。

 

④『百人一首ノート』
ら、らぶっ。この本、らぶっ(※気持ち悪い)。百人一首を「今日マチ子ふうに」解釈し直して一首一枚の漫画にしているんですけれど、その解釈が最高なんですよ! 現代にうつしかえると、ほんとにこんなふうに歌は詠まれていたのかなぁと思うのです。歌も漫画も、いいものは古くなんかならないんですよね。古典に興味のある方、おすすめ!

 

⑤『センネン画報』
今日マチ子さん流の「きゅん」を閉じ込めた漫画が、こちら。そこには厄介なフェチシズムも、ちょっとした痛みも、思い出すだけであったかくなるよろこびも、全部今日マチ子さんの優しい目線で包まれて漫画になってるんですよ。一枚漫画だから、基本的にどこから読んでも大丈夫。寝る前に一ページずつ読むと、贅沢な夢を見られそう。

 

**

このほかにも沢山いい漫画があるのですが、個人的に入口にはいりやすいかな~と思った漫画や、自分の好みのものを詰め込んでみました。
(残念なことに肝心のイラストをこちらに貼り付けられなかったので(泣)、ぜひ実際に書店でご覧くださいませ!!!)

あらためて『人生を狂わす名著50』の表紙を描いていただけたよろこびを噛みしめたいですね……。本当にありがとうございます。
「かわいい」はかわいいだけじゃ意味がなくて、「かわいい」のなかに何が入っているかを見たくなる、そんな絵が今日マチ子さんの最大の魅力だなぁと私は思っています。

かわいくて切なくて残酷で優しくて、そんな今日マチ子さんワールドの入口へ。あなたも、いらしてみてください!

 

絶賛発売中!『人生を狂わす名著50』

 

☆cakesで▼京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50連載中!

☆更新情報はTwitterアカウント@m3_mykからフォローして頂けると嬉しいです

 

2017年9月29日に、を出版します!
9月22日から、全国の天狼院書店にて先行販売!!

詳しくはこちらから。

WEB天狼院の記事「京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う本ベスト20を選んでみた。 ≪リーディング・ハイ≫」から生まれた、
全200冊の本を紹介する書評本です!
読むと本屋に行きたくなる、本が読みたくなる、読書の秋にぴったりな本になってます。

本の詳細はライツ社のホームページでご覧下さいませ!

 

【天狼院書店とは?】

天狼院書店が提供するのは、「READING LIFE」という新しいライフスタイル。「本」だけでなく、その先にある「体験」までを提供する次世代型書店です。2013年9月26日、1号店となる天狼院書店「東京天狼院」をオープン。その後、2015年9月26日に天狼院書店「福岡天狼院」(福岡天神)、2017年1月27日に天狼院書店「京都天狼院」(京都祇園)、さらに2017年8月26日には天狼院書店「池袋駅前点」をオープンいたしました。
「天狼院のゼミ」をはじめ「部活」や「ファナティック読書会」など、様々な「体験」を提供しています。

 

***

「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座2講座(90分×2コマ)《11/26まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618(東京天狼院)

天狼院書店「池袋駅前店」 2017年8月26日(土)グランド・オープン
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 2F
営業時間:11:00〜21:00
電話:03−6812−1984
*「WACCA池袋」の2Fです。WACCA池袋へのアクセス

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事