fbpx
READING LIFE ver.20220208 読書特集号PROTOTYPE版

★特別無料公開中★【緊急アンケート】「月に何冊、本を読んでいますか?」〔随時更新制〕《READING LIFE ver.20220208 読書特集号PROTOTYPE版》



記事:三浦崇典
   (天狼院読書クラブ/TENRO-IN BOOK CLUB グランドマスター)




 いつもありがとうございます。
 天狼院書店店主の三浦でございます。

 のっけから恐縮ですが、皆様、質問です。

 Q.あなたは月に何冊、本を読んでいますか?(*コミックや雑誌を含む)

 もうすでに読書習慣が確立している方もいらっしゃるでしょうし、忙しくて最近まったく読めていないという方もいらっしゃるでしょう。様々な答えがあるかと思います。実際にアンケートを取るとそれぞれのお答えがありました。

1位 5~9冊くらい/月 ・・・ 53.7%
2位 10~29冊くらい/月 ・・・ 31.4%
3位 0~4冊くらい/月 ・・・ 11.1%
4位 30冊以上/月 ・・・ 3.7%
*ファイナルクラブ調べ


 31.4%の方が月に10~29冊くらい読んでいるというお答えは多いようにも思えますが、天狼院書店のファイナルクラブのお客様からのご回答だったので、世間よりも多いのはある程度うなずけます。
人によって、相当、読書量に差があることがわかりました。

 ただ、次の質問はどうでしょうか。

 Q.あなたは今より本を読みたいと思いますか?

 ほぼ100%の方が「YES」と答えるのではないでしょうか。実際にアンケートでは、実に100%の方が例外なく「YES」と答えました。

 そう、皆さん、もっと本を読みたいと思っています。
 「本の効用」について、皆さん、実によく理解されているからだろうと思います。

 では、なぜ、ほとんどの人が「もっと本を読みたい」と思いつつ、思ったように本を読めていないのでしょうか?

 アンケートでは、実に興味深い結果が出ました。
 以下の10の問題に集約されたのです。

 これを僕らは「本を読めない10の理由」と名づけました。

「本を読めない10の理由」

時間がない《可処分時間問題》
②読書の速度が足りない《読書スキル問題》
③本との出合いが足りない《接触頻度問題》
④落ち着いて読める場所がない《読書環境問題》
資金に余裕がない《投下資金問題》
集中力が持たない《フィジカル問題》
⑦読む手段に制限がある《読書ディバイス問題》
⑧読書をシェアできる場所がない《読書コミュニティ問題》
⑨本を置く場所がない《蔵書問題》
⑩本を読むのがストレスになっている《ストレス問題》


 問題が見える化されて、光明が差し込みました。
 「本を読めない理由」がなくなれば、「読書量が増える」。

 実にシンプルな方程式です。

 今回、本メディア「READING LIFE ver.2022.2.8 読書特集号」を制作するに当たって、このアンケートを、天狼院読書クラブの方のみならず、広く、日本中から回答を集めたいと考えました。

 皆さんも、日本中の人々が、どれくらい本を読んでいて、さらに、もっと本を読みたいと思っているのか、なぜ本を読めないのか、を知りたいと思いませんか?

 皆さんの協力によって、このアンケートは、拡大していき、実態が明らかになっていきます。様々な地域、様々な職場、学校、様々な年代の方にご回答いただきたいと思っております。

 本記事は、定期的に集計した結果を発表する、「更新型コンテンツ」にしたいと思っております。

 一人でも多くの方に、参加いただければと思います。

質問項目は以下のとおりです。


Q1.
あなたは月に何冊、本を読んでいますか?(*コミックや雑誌を含む)

Q2.あなたは今より本を読みたいと思いますか?

Q3.Q2で「Yes!」とお答えした方にお聞きします。本を読めない理由はなんですか?


★アンケートは、コチラのフォームよりご回答を、よろしくお願いいたします。



どうぞよろしくお願いします。




関連記事

 

 

 

ライターズプロフィール


コンタクトフォーム

あなたのプライスレスな読書体験を教えてください!
※送っていただいた読者体験は後日公開させていただきます。


問い合わせフォーム

READING LIFE PROTOTYPEについてご意見、ご感想、質問等あれば、
こちらの問い合わせフォームよりお問い合わせください。
▶︎ 天狼院書店HPお問い合わせフォーム


 
 

関連講座

 

 


関連記事